【マイタウンさいたま】ログイン 【マイタウンさいたま】店舗登録
■忍者のつぶやき■
サーフィン忍者  ここには「マイタウンさいたま」編集スタッフからのメッセージが掲載されます。「マイタウンさいたま」がこれからどのように変わるのか、 どのような試みが進展中なのか、どのような活動が行われているのか。また、「マイタウンさいたま」編集部ではどのような人がどのようなもののとらえ方をしているのか。 そんなことを書いていきます。
 このようなページがある理由は、私どもが「顔が見えるページ」を目指しているからです。私どもは、皆様のご意見、ご要望を取り入れながら、 「マイタウンさいたま」を成長させていきたいと思っています。

全3158件中  新しい記事から  3061〜 3070件
先頭へ / 前へ / 297... / 303 / 304 / 305 / 306 / 307 / 308 / 309 / 310 / 311 / 次へ / 最終へ  

2001/07/19(木)
忍者ブーム?
いやあ、今物凄い忍者ブームですね!
何処を見ても忍者だらけです!!
えっ、見た事ないですって?
だったら試しに、浦和祭りの「みこしパレード」(明日20日)にお越しいただければ、忍者Tシャツを着た怪しげな人間を多数発見できるでしょう。
(ん?我々スタッフか?)

しかし、実際「忍者」は魅力的です。
かなり昔ですが、ハリウッドでもショー・コスギの忍者映画が大ブームでしたし(1本だけ見ましたが完全に「...」でした。でもああいうものが求められていたのでしょう)、その後も「忍者タートルズ」なる意味不明のキャラクターもありました。
私も昔、池波正太郎の「真田太平記」文庫本全12巻を一気に(大袈裟か?)読んだ記憶があります。
最近でも忍者キャラクターの子供向けアニメが人気だったりするようですし、時代劇には必ず忍者が出てきます。
心躍らされる数々の忍法や、暗殺者といったイメージも人気の元でしょうか?

マイタウン浦和のキャラクター「忍者わらうー」もどんどん露出度が増えていく予定ですし、そのうち浦和に忍者屋敷でも出来るくらいの勢いです。

このまま行けば、全世界的な忍者ブームは必至でしょう!
私もそれに備えて、今のうちに忍者になることにしました。

忍法「仕事をしているふりをしながら、居眠りをするの術!」

「ヌハハハハ!! これは誰にも見破れまい!!」


 
真田太平記2001/07/19 13:11:40  
                     陸孫

 
私の愛読書、真田太平記が登場するとは。
私は真田研究家で、長野県の真田本城にも調査に出かけました。お城のふもと近くには「佐助そば」なる情緒がある立派なそば屋がありました。真田本城の目の前には、村上義清の拠点であった砥石城があるのですが、一緒に出かけた女房が山登りを拒絶し、調査できませんでした。
真田といえば、2度にわたる上田合戦。徳川の大軍をこてんぱんに撃破した戦いとして有名ですね。もちろん、私は上田城にも視察に行っております。さらに、我が家には真田家の紋所である「六文銭」の旗指物まであります。かつて女房がテニスの試合に出たときはそれを振り回してしまいました。
真田太平記、面白いです。もう一度読み返したいなあ。できれば、映画化して、私が監督をやりたい。
 

元の文章を引用する
(文:赤影)

2001/07/18(水)
運動不足
みなさん、運動はしていますか?
心地よい疲労感と充実感、さわやかな汗、実に健康的です。
そして、私とは無縁の世界です。

そう、私は運動不足です!

最近は体重も徐々に増え始め、一番痩せていたときからは約10s増えており、ズボンもここ1〜2年に買った物しか履けません。

学生の頃使っていた、今は錆だらけのダンベルを試しに挙げてみたところ、数回挙げるのがやっとで、その後恐ろしい筋肉痛に見舞われました。

運動と言えば通勤時に若干歩くくらいのこと以外は何もしておらず、この暑い中に、しかも昼過ぎにマラソンをしている人などを見ると、こちらが倒れそうになります。

何かしなければと思うのですが、夜10時過ぎに平気で菓子(!)を食べたり、ビールを飲みながらチョコレートを食べているようでは話にもなりません。

世の中には、毎日スポーツジムに行かないと気が済まないような人もいるようですが、無理をしてもしょうがないし...。

そこで解決策!
私は毎日の生活に目一杯気合いを入れることで、カロリー消費をアップさせようと思います。
これで運動不足も無事解消!!(オイオイ)

 
Re: 運動不足2001/07/18 9:47:21  
                     太田

 
最近は赤影も無責任な言葉をはいたバチがあたったり、その涼しげなお顔の毛穴から、汗が噴出すようなことも多いみたいですね。うふふ。
 

元の文章を引用する
(文:赤影)

2001/07/17(火)
DVD
みなさんDVDって持ってますか?
近頃凄い勢いで普及してますね。
すっかり普通に耳にする物になってしまいました。

私も先月、そろそろ頃合いかな?と思い、DVDが再生できる「プレイステーション2」を購入しました。

買ってはみたものの、実はそれほど使っていなかったりするのですが、先日「メタリカ」と言うロックバンドのオーケストラと共演したライブアルバムを見てブッ飛びました。何とその中の数曲では、自分の好きなメンバーに視点を固定できるのです!

「ギター小僧(笑)」だったら、ずっとギタリストを見ていられるし、ひたすらドラマーを見ることも出来、これには驚きました。

同じデジタルでも、ちょっと前まではレーザーディスクがありましたが、今ではハードもソフトも殆ど見かけません。
こうなると、レーザーディスクでいろいろ集めていた人の立場はどうなるのでしょうか?

私も今はレコードを聴く環境が無くなってしまったため、CDで買い直した物もありますがすか、それ以外はもう聞けない状態です。
ビデオカメラでも、アナログ製品は既に余り見かけませんし、自分で撮った保存しておきたい映像も、放っておいたら見られなくなりそうです。

しょうがないのは理解できても、「これって本当に便利なのか?」と思いつつ、最近DVDコーナーに立ち寄る機会が増えている私...。

 
Re: DVD2001/07/17 10:51:14  
                     あんとん

 
私はDVDは持っていますが、DVDプレーヤーを持っていません(^^ゞ。それでもなかなかDVDプレーヤーの購入に踏み切れません。映像にほとんど興味がないからなのですが、視点を固定できる機能があるとはすごいですね。
ところで、メディアの変遷は激しいです。私もCDが登場した20年近く前、さっさとLPを捨てて、CDに走ったものですが、そのCDにもその後別のフォーマットが追い打ちをかけるようになるんでしょうか?事実上、ミニディスクなどはそうなのかな?
なお、私が集めたCDも大量になりましたが、それでもなおCDでは聴けず、LPでしか鑑賞できない音源があったりするので、できればLPを買い直したいと真剣に考えています。これを世の費とはアナクロと呼ぶのですが...。
 

元の文章を引用する
(文:赤影)

2001/07/16(月)
暑い!!
暑い!熱い!!アツイ!!!
この暑さは一体どうしたことだ?
火星人の陰謀か?地底人の逆襲か?

と言うことで、みなさん大丈夫ですか?(私はダメです)
朝、家を出た瞬間のモワッとした感じ・駅まで歩く10分間で既に汗まみれ。
この暑さは尋常じゃないですね!

最近よく聞かれる言葉に「昔はこんなに熱くなかった」や「地球温暖化の影響では?」と言ったものがありますが、確かに私が子供の頃(20〜15年前)も、ここまでは暑くなかった気がします。

何よりこんなに暑かったら外などでは遊べなかったでしょうし、部活動の時などでも、まだ私の頃は練習中に水など飲ませてもらえませんでしたので、こんな中では100m全力で1本走っただけ力尽きそうです(ちなみに陸上部でした)。

こうなると、やはり温暖化の影響か?との気もしてきますが、20年そこそこの間に気温が3度も4度も上がっていたら、この先どうなるのかと考えただけで恐ろしくなります。

先日もプールに行って来たのですが、全身日焼けで酷い目に遭いました。

そうか!やはりこれは火星人の仕業に見せかけた木星人の...(まだ言うか!)

しかし、本当に地球は大丈夫なのでしょうか!?
(文:赤影)

2001/07/13(金)
酒と涙と男と女 (後編)
 やはり、思いの通り二日酔い。「飲み過ぎなければ良かった!」と、二日酔いになる旅に、毎回同じ文句を口にしています。「この不況なときに、二日酔いになる程、酒を飲むのは贅沢だ」という声も聞こえています。
 お酒の飲み方は人それぞれです。その場の雰囲気でつい飲み過ぎてしまう人もいますね。また、「自分はお酒が強い」と思っていたら、それほど強くなかった人もいます。また、お酒を飲むと人が変わる人もいます。お酒を飲む人が十人いれば、十人のお酒の飲み方があるはずです。私はこんなタイプと自分のお酒の飲み方を心得ている人も多いと思います。
 やはり、お酒は「楽しいもの」ですね。他人に無理にお酒を飲むことを強要したり、自分勝手に酔わなければ、お酒の味を楽しみ、人との会話を楽しむことができて、楽しい時間を過ごすことができます。
 美味しく飲んで、楽しくおしゃべりして、「また、明日から頑張るぞ」というように、酒は次へつなげるためのステップにしなくてはいけません。それが「酒は百薬の長」と言われる所以でしょう。
 忍者も人の子、涙目になっています。
(文:忍者の元締め)

2001/07/12(木)
酒と涙と男と女
 今年4月に亡くなった川島英伍さん。私の好きな曲に「酒と涙と男と女」があります。♪忘れてしまいたいことやどうしようもない寂しさに包まれた時に男は酒を飲むのでしょう♪。今日、職場の暑気払いがあります。
 「みなさんは、なぜ、お酒を飲むのでしょうか」と聞くと、「お酒が好きだから」や「楽しいおしゃべりができるから」等々、思い思いの答えが返ってくるような気がします。
 なかには「お付き合いだから」とか「仕方ないから」という義務感のような答えもあると思います。「業務命令だ!」と強烈な上司もいるかも知れません。また、お酒のアルコールが体質に合わない人もいらっしゃるかもしれません。
 酒は嗜好品に分類されます。辞書によると嗜好とは「たしなみ好むこと」「すきこのみ」とあります。「好き」という自発的な気持ちが原動力となって、人はお酒を飲むという行動に動かされるいるのです。
 
 忍者も人の子、思いっきり飲んでみたいときもあります。
(文:忍者の元締め)

2001/07/11(水)
女性専用車両
JR埼京線に女性専用車両が登場しています。埼京線は痴漢が最も多い最悪路線として有名ですが、JR当局も有効な対策を取れないままでした。私もいつかはこんな車両ができてくるんだろうなと思ってはいたのですが、今度は女性専用車両ができたらできたで「逆差別だ」などと反発する向きもあるようでした。

しかし、わが女房も埼京線で痴漢に遭うといいますし、複数の女性からも被害の話を聞いたことがありますので、私はとても「逆差別だ」などとは思いません。台数だって十分とは言えないでしょう。どうも一部には女性の身体に触れることに罪悪感を感じない男性もいるようですが、同じ男としては疑問を感じざるを得ません。被害に遭った方からしてみればとんでもないことですよね。

ところで、こうした専用車両は今後も増えるのでしょうか? 多分そうだろうと思います。男性専用列車なんていうのもできるかもしれません。男同士が同じ車両でじっと見つめ合うとか...(^^ゞ。またあまり想像したくないのですが、近年の事件を考えますと、警備が厳しい護送車両、というのも考えられます。20人ほどの屈強のガードマン、それこそシュワルツネッガーみたいな人が警護のために乗り込んでいる恐るべき車両です。暴漢などが現れても、たちまち退治されます。酔っぱらいにからまれても、安心です。

もちろん、こうした車両ができることがよいことだなどとは思えません。専用列車ができるのは、日本人の恥ですよね。何とも寂しいことです。

 
Re:専用車両2001/07/12 0:03:44  
                     ふ〜みん

 
専用車両なら、是非、ファーストフード店車両がほしいですね。
私は、片道1時間30分の通勤時間がかかります。
タイミングが悪いとおなかがすいてしまいます。
そんなとき、ちょっと、食事がとれたら・・・。
そんなことを考えます。
 

元の文章を引用する
(文:忍者の弟子)

2001/07/10(火)
コンビニエンスストア
私は、コンビニエンスストアをよく利用しています。夜中に買い忘れたものを思いだし、近くのコンビニエンスストアに買い物に出かけることがあります。手軽に買えるので、便利に使っています。コマーシャルではないですが「開いてて良かった」と思うときが度々あります。

でも、私が子供の頃は、「暗くなってからは、外に出てはいけない」と親から注意されたものでした。暗くなって外に出るのは、悪いことをしている人だけ。また、架空の動物が子供をさらっていく話をされた記憶があります。だから、夜は外に出てはいけないと子供心に感じて育ちました。今、コンビニエンスストアに買い物に出かける自分を見て、親はどのように注意するのだろうかと考えるときがあります。

コンビニエンスストアは、「便利さ」で夜外出するという新しい習慣を作ることができました。反面、「夜は外に出てはいけない」と言う生活習慣が失われました。

確かに「便利さ」を売り物にして活躍している商売はこのほかにも数々あります。しかし、この「便利さ」の反対側で失われていくものが何かあるのではないかと疑問をもっているのは私一人でしょうか?

 
失われたもの2001/07/10 21:43:14  
                     たーたん

 
<IMG SRC="http://www.amatias.com/image/kyara.gif" width="51" height="50"> (<-意味ない忍者)

私も忍者の元締めさんとはちょっと違った点で、なにかが違うと感じることはあります。

便利で助かることも多いのですが、深夜まで働く店員さんや、オーナーがちゃんと儲かるしくみになっているのか疑問なフランチャイズ制のもとで、疲れ果てたように見える店長さんが気の毒に思えることがしばしばです。
最近はあたり前のようになってしまったスーパーのお正月の営業も、そこで働く人々のことを考えると、本当に必要なのかと思ってしまいます。

私が子どもの頃は(元締めさんと同世代です)、母が買い忘れたものを、ご近所に分けてもらいに行った記憶があります。そういった近所づきあいの習慣も、今となっては、懐かしい思い出となってしまいましたね。
 

元の文章を引用する

 
Re: 失われたもののひとつ2001/07/10 21:08:47  
                     hamachan

 
たーたんさんレスありがとうございます
私と同世代かもしれませんね!

ご近所に分けてもらいに行った記憶は大切にしてください

もしかして、「便利さ」の影で失われたものの一つに
「人付き合い」「お付き合い」があるのかも知れませんね!
 

元の文章を引用する
(文:忍者の元締)

2001/07/09(月)
通勤電車 その4 DRY
 朝、通勤電車の光景です。若い大学生風の男の人が網棚の上に荷物を挙げた。すると袋の中からMDが落ち、その下で座って寝ている人の足にあたった。「痛え」の声が電車の中に響いた。MDの持ち主は「すいません」と言っていた。しかし、次の瞬間には、大学生風の男の人は、何事もなかったかのようにMDを聞き始めた。
 故意でないにしろ、自分が相手に苦痛を与えたのなら、もう少し、別な対応があるのではないか。「すみません」「大丈夫ですか」と声をかけ、相手の痛みがなくなるくらいまで、相手のことを気にかけても良いのではないか。それが人との接し方ではないか。
 某ビール会社の「DRY」が流行った。流行ったのはビールだけではない。会社で同僚や部下を飲みに誘うと会社が終わってまでの上司とつきあえるかと誘いを断ることが多く、「最近はビールだけでなくつきあいもDRYになった」と言われていた。
 しかし、最近DRYになったのは、「ビール」や「つきあい」だけでなく「人の接し方」までDRYになったのではないか。

 
Re: 通勤電車 その4 DRY2001/07/11 1:13:55  
                     はちべ

 
このような傾向は特に若い世代に顕著に現れているような気がします。ついこの前までは高校生の電車の中でのマナーの悪さがテレビなどでよく放送されていました。まわりのことは全く気にせずに電車の中で騒いだり、床に座り込んだり、あるいはゴミをそのまま置いて行ってしまったりと・・・。自分のことだけで「相手の立場に立って考える」ということができないのでしょう。
MDを落としたのがもし私ならひたすら謝ってしまい、逆に謝りすぎて嫌がられてしまうかも知れません。
 

元の文章を引用する
(文:忍者の元締)

2001/07/06(金)
会議所スタッフ、埼玉大学で講義
7月6日、埼玉大学で浦和商工会議所「マイタウン浦和」スタッフ(浜中・伊東)が講義をしてまいりました。教育学部生涯学習課程の「地域情報学特講」という安藤聡彦先生の授業にお招きいただいたのです。2人で講義を分担し、20名ほどの学生さんを相手に「マイタウン浦和」の背景について説明をしてきました。内容は、ホームページを立ち上げることになったきっかけや、運営の大変さや難しさなどについてです。私どもといたしましては、日々の業務について語るわけですから、いくらでもしゃべり続けられます。持ち時間は2人合わせて1時間だったのですが、後半、伊東が喋りすぎて15分ほど時間超過をしてしまいました。安藤先生、誠に申し訳ありませんでした。

安藤先生の講座は興味深いですね。「地域で豊かな情報に接するためには、どのようなことが必要であり課題なのか」ということを追究しておられるわけですが、既に新聞社やミニコミ誌の制作者などが講義に招かれているそうです。私どももその授業を聴講していたいですね。

ところで、講義終了後、安藤先生の研究室で学生さん数人とお話しする時間がありました。感動しました。何にって、学生さん、目がきらきら輝いているんです。いろんなことに興味を持っているようですし、頼もしい感じがしました。学生さん達より私どもの方がいい勉強になったかもしれません。また行きたいなあ。
(写真左:真剣に講義をする浜中/写真右:話が止まらなくなった伊東)

<IMG SRC="http://www.amatias.com/image/bbs_image/saitama_univ_hamanaka.jpg">  <IMG SRC="http://www.amatias.com/image/bbs_image/saitama_univ_itoh.jpg"> 

 
浜中さんの写真2001/07/07 21:47:23  
                     たーたん

 
浜中さん、本当に大学の先生みたいに見えますね。学生さん、寝てませんでしたか?
 

元の文章を引用する

 
大丈夫でした!2001/07/09 8:24:39  
                     hamachan

 
実は、話を始める前は、寝ている人がいるのでは・・・
(自分の経験から)
とても心配でした
でも大丈夫、寝ている人はいませんでした
話をしながら、学生さんを見ていたのですが
みなさん真剣でしたよ!
(自分の学生時代と大違い!)
機会あればもう一度やりたいと思っています
 

元の文章を引用する

 
興味深いお話ありがとうございました2001/07/09 14:08:16  
                     埼玉大学教育学部生涯学習課程社会教育コース20723

 
先日はとても楽しいお話ありがとうございました。
講義のときに教えていただいたサイト見せていただきました。
職員の方自身がホームページを作っていて、「デザイナーに任せていないのでデザインがちょっと・・・」みたいなことをおっしゃっていましたが、いやもうぜんぜん綺麗で吃驚しました。
はっきりいって、埼玉大学のホームページよりきれいです。
カラーで見た、わらうーとうな次郎がすごくかわいかったです。
これからもがんばって地域と住民の掛け橋づくりをしてください!
 

元の文章を引用する

 
お疲れ様でした〜2001/07/09 14:17:18  
                     浦和人の埼大生

 
かの埼玉大学の聴講していた1学生です。先日はお疲れ様でした。そしてありがとうございました!
私たち学生はあまり反応を見せないから、講義する側としてはやりづらいと他の先生に言われていたので、聞く態度を改めて臨んだつもりだったんですが・・・・・どうだったでしょうか??
でも、すごく楽しかったんですよ!!特に、私はさいたま市民の浦和地区(南浦和周辺です)なので、親しみを持って聞けました。
私も浦和が好きで、こんなにたくさん浦和を取り上げてるページがあることを知らなかったので(すみません・・・)気になってHP見てみたら、すごくきれいだったので驚きました。
もっと浦和の人だけでなく他の地域の人にも見てほしいです。
余談ですが、街角レポーターをやってみたいんですが、あまり時間も取れないし貢献できるか不安です。大丈夫でしょうか?
 

元の文章を引用する

 
まちかど記者2001/07/09 22:50:44  
                     伊東

 
伊東です。
ご訪問ありがとうございます。
まちかど記者には時間の制限などがありません。いつでもできますからどしどし原稿をお寄せ下さい。お待ちしてますよ!
 

元の文章を引用する
(文:忍者の弟子)