【マイタウンさいたま】ログイン 【マイタウンさいたま】店舗登録
■忍者のつぶやき■
サーフィン忍者  ここには「マイタウンさいたま」編集スタッフからのメッセージが掲載されます。「マイタウンさいたま」がこれからどのように変わるのか、 どのような試みが進展中なのか、どのような活動が行われているのか。また、「マイタウンさいたま」編集部ではどのような人がどのようなもののとらえ方をしているのか。 そんなことを書いていきます。
 このようなページがある理由は、私どもが「顔が見えるページ」を目指しているからです。私どもは、皆様のご意見、ご要望を取り入れながら、 「マイタウンさいたま」を成長させていきたいと思っています。

全3306件中  新しい記事から  3011〜 3020件
先頭へ / 前へ / 292... / 298 / 299 / 300 / 301 / 302 / 303 / 304 / 305 / 306 / ...312 / 次へ / 最終へ  

2002/05/10(金)
うなぎ祭り
18日に開催される<a href="http://www.amatias.com/event/index.asp">うなぎ祭り</a>では、「うなぎを育てる会」メンバーが、特製はっぴを着用します。昨日、できあがったはっぴを私も拝見したのですが、いいですよ! すごくいいですよ! え? 何故かって? それは、はっぴの背中には「忍者わらうー」と「うな二郎」が登場しているからです。白地のはっぴの背中には目一杯に「忍者わらうー」と「うな二郎」の画像が描かれていて、呆れるほど目立ちます。18日当日は市役所前の広場に忍者&うなぎはっぴを着たスタッフが皆様をお待ちしております。ぜひともお越し下さいね!

<IMG SRC="http://www.amatias.com/image/bbs_image/ninja_happi.JPG" alt="はっぴ写真">

 
と言うことは2002/05/10 13:00:30  
                     みっちゃん

 
そのハッピを着た方々は商工会議所の皆さんなんですか?
 

元の文章を引用する

 
Re: と言うことは2002/05/10 14:48:21  
                     忍者の弟子

 
上記はっぴを来た方々は、殆どが「うなぎを育てる会」メンバーです。が、うなぎ祭りには当会議所からも手伝いに出ますので、何人かははっぴを着用するかもしれません。

なお、次回のネタにしようかと思っていたのですが、昨日、会議所スタッフ用のジャンパーもできあがってきたのです。これはどんなものかと申しますと、・・・多分ご想像のとおりです。真っ赤なジャンパーの背中に「忍者わらうー」と「うな二郎」が出ておりまして、結構目立ちます。問題は、そのジャンパーを着用すると、既に暑いことであります(^^ゞ。
 

元の文章を引用する

 
でも最近2002/05/13 13:06:59  
                     みっちゃん

 
天気悪い時は寒いから、特に今日なんかはちょうどいいんじゃないですか?
 

元の文章を引用する
(文:忍者の弟子)

2002/05/09(木)
うなぎ弁当 その2
昨日の「つぶやき」で「うなぎ弁当」はワールドカップバザールで初めて登場という趣旨のことを書きましたが、実は他にもあったようですね。うなぎで有名な?浦和で本格的「うなぎ弁当」、という意味ではそうなのですが、一般的には事実ではありません。大変申し訳ありませんでした。

しかし、他にも「うなぎ弁当」があるのであれば、この際かっこいいネーミングを考えてみたらどうか、と思います。浦和にも「白鷺宝」というお土産がありますが、うなぎだって立派な浦和の観光資源ではないかと思います。お土産にできるはずです。<b>浦和に来たらうなぎを食べよう、ついでにうなぎ弁当を買って帰ろう</b>、とかいったキャンペーンを張ってもいいのではないかしら? それなら、他のうなぎ弁当に絶対負けない品質をずっと追求していくインセンティブにもなるでしょうね。さらに差別化を図るネーミングがあれば最高だと私は思います。何かうまい名前はありませんか?
(文:忍者の弟子)

2002/05/08(水)
おいしいぞ! うなぎ弁当
次の土曜日(18日)、さいたま市役所前の広場で「うなぎ祭り」が開催されます。「マイタウン浦和」上にも掲載されていますので、<a href="http://www.amatias.com/event/index.asp">こちら</a>をご覧下さい。

このうなぎ祭りで、私が楽しみにしているものがあります。「仮面ライダー龍騎」ショーではなくて(^^ゞ、<b>うなぎ弁当</b>です。うなぎ弁当というのはもしかしたら今までもどこかにあったかもしれませんが、昨年12月から浦和各地で開催した「ワールドカップバザール in URAWA」が本格的なデビューでした。いわゆる鰻重をお弁当のパックにして販売しているだけなのですが、これが結構いけるんです。何と申しましても、浦和の鰻屋さん達の集合体「うなぎを育てる会」のベテラン職人達がきちんと焼いたうなぎですよ! おいしいのなんのって。一つ1,000円と、お弁当としてはちょっと高価かもしれませんが、鰻重としては最高品質です。「ワールドカップバザール in URAWA」は5月6日、南浦和をもって終了いたしましたが、「うなぎ祭り」でまたこのうなぎ弁当にありつけると思うと、今から楽しみです。皆さんもいかがでしょうか?
(文:忍者の弟子)

2002/05/07(火)
最新式のパソコンでは
ゴールデンウィーク中、友人(Aさん)の家にお呼ばれしました。Aさんは、大手パソコンメーカーに勤務するためか、いつも最新式パソコンを見せてくれます。

今回お邪魔してみますと、テレビのような大画面が食卓近くに鎮座していました。「何で食卓のそばに?」という疑問はすぐに吹き飛びます。いわゆるパソコンとしての使い方をしていないのです。大画面を利用してテレビを見られるようにしてありますし、インターネットラジオも聴けます。音質もまずまず。ニュースも普通のテレビと同じように見られます。むしろ、不要なニュースや広告を排除しながら見られるのでとても便利です。回線はADSLでした。実物を見ていないとあまりイメージが湧かないかもしれませんが、これを見て私は「いよいよこんな時代に突入したか・・・」という思いを強くしました。

私にしてもパソコンは仕事で文章を書いたり、表計算をしたり、メールを書いたり、インターネットで何かを閲覧する、という使い方しかしておりません。私はこれで十分と思っていたのですが、既に世の中はそのレベルを通り越して、生活空間に溶け込んできているのですね。
私がAさんのお宅で見たパソコンは<b>CPUが1ギガヘルツ!、ハードディスクの容量が80ギガバイト</b>という途方もないものでした(◎-◎)。スペックもただならぬレベルにまで上がってきていますね。あと1年後が読めなくなってきました。
(文:忍者の弟子)

2002/05/02(木)
2時間45分も?
諸般の事情があったので、職場で自分が使うPCにインターネットエクスプローラー(IE)のバージョン6を入れてみました。正確にはバージョン5から6へのアップグレードです。

「アップグレードなんだから、たいして時間もかからないだろう」と思ったのですが、何と2時間45分もかかってしまいました。<a href="http://www.amatias.com/bbs/bbs_list.asp?current_page=1&amp;forum_id=11">パソコン太助のさいたまパソコン日誌</a>にも記載がありましたが、そんなに時間がかかる大きなファイルは、ADSLでもないとダウンロードできませんね。

PCがアップロード作業を続けている間、私が何もできないというわけではないので、大騒ぎすることもないのでしょうが、ちょっとびっくりです。私はのっぴきならない事情でアップグレードを迫られたのですが、皆さんは「2時間45分かかります」の表示をみたら、作業を続けますか?

 
かなり2002/05/04 11:13:29  
                     みっちゃん

 
暇じゃないとやる気にならないですよねー。えらい!!
私なんか買ってから何年もというか一回もデフラグしたことなくて、いつだったかやってみたら朝からやってて夜になっても終わらなくて、「おかしいよね」っと方々電話して確認して、途中で止めました。だからって、またリカバリーするのも嫌だし、誰か助けてくれないかなあ
 

元の文章を引用する

 
えっ、 2時間45分も!?2002/05/10 15:27:57  
                     「第3回懸賞付アンケート」当たったY子

 
私も先日、5.5→6.0にバージョンアップしましたが、1時間弱ですべて終わりましたよ。
インターネットの接続時間に制限のあるプロバイダを使っており(午後10時45分終了)、ダウンロード開始が10時前だったので、途中で切れちゃうんじゃないかと、ヒヤヒヤしながら、結局ずーっとパソコンの前に張り付いていました。
ほんとに、パソコンって、便利なんだか、不便なんだか…
 

元の文章を引用する
(文:忍者の弟子)

2002/05/01(水)
これが自動車メーカーだったら
最近巷を騒がせているコンピューターウィルス。OSのセキュリティホールなどを狙ってある日予告もなく侵入してきます。これを撃退する方法は様々あるようですが、運悪く撃退できなかった場合は、そのウィルスにコンピューターが破壊されてしまいます。

OSにセキュリティホールがあり、しかも、それを狙って悪戯をしようとする人が後を絶たないわけですから、このウィルス問題は延々と続くのでしょう。身に降りかかる危険はまずは自分で振り払わなければいけません。仕方なくせっせとウィルス対策を講じます。

しかし、このようなことはコンピューターの世界でしか起こりえないですね。<b>買った自動車にセキュリティホールがあったら、まず間違いなくその自動車はリコールの対象になります。</b>それがコンピューターの世界では起こりえないわけで、なんとも不思議です。便利な道具には違いないのですが、どうにかならないものでしょうか? とりあえず、自分が毎日使う道具であるコンピューターに関する知識をできるかぎりつけておかなければ。今のところは、道具に振り回されてしまわないように努力するしかなさそうです。
(文:忍者の弟子)

2002/04/30(火)
書名
ふと気がついてみると、世の中には悲観的なタイトルの本が多いですね。不況ですから致し方ないとは思いますが、それでも多いです。それこそ「これでもか、これでもか」といった具合です。日本人は被虐的な国民といわれます。悲観的なタイトルの本が売れやすいのかもしれません。私はちょっと行きすぎではないかと思っています。

ところが、自分の本棚を眺めてみても悲観的なタイトルで日本の将来を危惧した書物が何冊も並んでいます。よく同じようなタイトルの本を何冊も読んだものだと自分でも呆れてしまいます。もしかしたら内容も同じような本だったのかもしれません(^^ゞ。そういうわけで、昨日は悲観的なタイトルの本をほとんど片っ端から処分してしまいました。何だかすっきりしました。何の解決にもなっていないのですが・・・・、効果があると信じたいですね(^。^)。

 
それがひょっとして2002/04/30 13:00:52  
                     みっちゃん

 
日本人の国民性なんでしょうか。どうしてもそういうタイトルに心惹かれるもんらしいから。かくいう私もその口ですが・・・・。人のこと気にしすぎなのもそういうことじゃないのかな。噂好きなのもいけないんじゃないかなあ〜。
 

元の文章を引用する

 
Re: それがひょっとして2002/05/01 10:19:07  
                     忍者の弟子

 
みっちゃんさん、こんにちは。ついつい流されてしまうのは私も含め、ちょっと反省した方がいいかもしれませんね。
 

元の文章を引用する
(文:忍者の弟子)

2002/04/26(金)
イベント情報とリンクを集めています
気付くとゴールデンウィークがこんなに間近に迫っているではないですか。もう予定は立てられましたか?体を動かすとちょっと汗ばむくらいになりました。何をするのも良い季節となりました。イベント情報の件数がかなり増えました。是非、お役立て下さい。あと、リンク集をもっと充実させようと相互リンクのお願いを集中して行っています。

私が4月に入ってもう1ヶ月が経とうとしています。この1ヶ月の間、リンク依頼をしていると様々な企業・団体がホームページを持っているのが分かります。クリック1つで今まで知らなかった世界が広がります。また、もっと詳しく知りたいものが、簡単に見つかってしまうのは驚きです。また取材へ伺ってお話を聞く機会に恵まれると、皆さんがいろいろなことを探求していることに気付きます。私は新しい発見が常にあって、とても充実しています。発見したことをできるだけたくさんお伝えできるように頑張ります。
(文:ケムマキ)

2002/04/25(木)
メールは便利だが・・・
インターネットの機能の中でもメール(E-mail)は最も頻繁に使われているものです。便利ですからねえ。ですが、便利だからといって喜んでばかりはいられません。時々気になっているのですが、職場や自宅で1日に流通するメールの数は一体何本くらいになっているのでしょうか? おそらく、数え切れないほどだと思います。

メールが流通するのはまことに結構ですが、私の場合は、あまりに大量のメールを読み切れない場合があるのです。皆様はいかがですか? 私は職場内外のパソコンを覗かせてもらう機会が多いのですが、ひどいときには未読メールが1,000通!もあったりする人がいます。これは極端な例だと思いますが、笑えない方もおられるはずです。皆さんのメーラーにも未読メールがたまっていませんか? あるいはほとんどきちんと目を通さずに削除したりするメールが少なからずありませんか?

そうなってしまう理由の一つは、メールを流す方にもあります。むやみやたらにメールを流してはいけないと私は思います。そうしないと、ひとつひとつのメールの価値が低くなってしまうのです。ただ、メールを発信する人のほとんどは、その1通が重要だと思って発信しているわけですから問題は複雑です。ひとりひとりがメールに対してもう少し真剣に考えなければどうにもならないかもしれませんね。
(文:忍者の弟子)

2002/04/24(水)
飲食店さんの取材
私は食べることに関しては全く目がありません。飲食店さんの取材へ行くときは心が躍ります。経験したことのない味と出会えるうれしさは心も体も満たされます。お客さんの要望やご主人のこだわりで作られたものですから当然おいしい。メニューは試行錯誤して生み出された1つの作品です。ご苦労されたお話しを聞けることはとても貴重です。
 
すごいなぁと感心するのは常に同じ味を維持していかなくてはならないことです。私が家庭で作るとその日、その日違う味になってしまい「しょっぱい」「うすい」と言われてしまいます。そのことが、かえって話しのたねになったりして面白かったりするのです。飲食店さんには、許されませんね。プロの味は家庭ではまねできません。おいしいものは外で食べるのが1番。

(文:ケムマキ)