【マイタウンさいたま】ログイン 【マイタウンさいたま】店舗登録
■忍者のつぶやき■
サーフィン忍者  ここには「マイタウンさいたま」編集スタッフからのメッセージが掲載されます。「マイタウンさいたま」がこれからどのように変わるのか、 どのような試みが進展中なのか、どのような活動が行われているのか。また、「マイタウンさいたま」編集部ではどのような人がどのようなもののとらえ方をしているのか。 そんなことを書いていきます。
 このようなページがある理由は、私どもが「顔が見えるページ」を目指しているからです。私どもは、皆様のご意見、ご要望を取り入れながら、 「マイタウンさいたま」を成長させていきたいと思っています。

全3219件中  新しい記事から  3001〜 3010件
先頭へ / 前へ / 291... / 297 / 298 / 299 / 300 / 301 / 302 / 303 / 304 / 305 / ...311 / 次へ / 最終へ  

2002/01/17(木)
パワーアップ?
昨日に引き続き登場の赤影です。

私、11月末から先週いっぱいまでの6週間、Web関係の研修に行っておりました。
専門的な内容でしたので、初めはどうなる事かと思いましたが、何とか無事に戻って来ました。

この間、多くの他のスタッフから、
「席がなくなってるぞ」や、「違う人が座っているよ」「惜しい人をなくしたよね」等々、非常に励みになる言葉をもらい、感謝しています。

それはともかく、研修内容とは別に、違う空気を吸ってきたことで、よいリフレッシュにもなりました。

勉強していくうちに、わからない事もどんどん出て来る上、別の部分でも覚えたいことが出てきたりして、まだまだこれからといった感じですが、今後の「マイタウン浦和」の充実に役立てていきたいと思っています。

たまには「勉強」するのも良いものですね?

律儀で名高い私は、研修先より、最後に風邪までもらって来てしまいました。
(文:赤影)

2002/01/16(水)
ベストヒットUSA
みなさん、「ベストヒットUSA」と言う番組をご存知でしょうか?

80年代に、毎週土曜日の深夜にやっていた洋楽ファンに人気の高かったテレビ番組です。
小林克也 氏が司会で、ビデオクリップを中心に構成され、来日したアーチストのインタビュー等もあり、私も毎週楽しみに見ていました。
当時ちょうどアメリカでも「MTV」と言う番組が始まって、音楽チャートにビデオクリップが大きな影響を持つようになっていて、多額のお金を使い、凝った大作ビデオクリップが作られていました。
マイケル・ジャクソンの「スリラー」も、そんな中で作られました。

この番組が、今年の正月に一回だけ「ベストヒットUSA リターンズ」として放映されていました。
テーマ音楽やセットも全てそのままで、当時のビデオクリップを流していたのですが、何気なく見ていたところ、あまりの懐かしさに、番組終了後もしばしぼう然(!)としてしまいました。

「マドンナ」「ワム」「カルチャークラブ」「デュラン・デュラン」等々、自分が中高生の頃に夢中になっていた音楽を聴き・見ているうちに、当時のいろいろなことを思い出し、挙げ句の果てに今までの自分の人生やこれからの事まで考えてしまう始末。
この番組に自分の青春(あまり使いたくない単語ですが)の一部が、間違いなくあったことを感じました。

みなさんの青春は何処にありますか?
(クサい!どうした?らしくないぞ?赤影!)

たまには思いっきり懐古モードになるのも良いかもしれません。
私も、当時レコードで持っていたものを、片っ端からCDで買い直そうかと思ってしまいました。
(文:赤影)

2002/01/15(火)
「ワールドカップフォーラム in 浦和」無事終了しました
先週末の11日、銀座アメリカン浦和店におきまして<A HREF="http://www.amatias.com/info/world_cup_forum_20020111.htm">「ワールドカップフォーラム in 浦和」</A>が開催されました。定員100名に対して96名のご出席をいただきました。皆様、ありがとうございました。これにコーディネーターの大野勢太郎さん、4名のパネリスト、裏方約10人を加え、会場は異様な熱気に包まれました。大野勢太郎さんやパネリストからはとても貴重なお話を伺うことができ、充実したフォーラムになったと思います。

今回のフォーラムは、よくあるようにどこかの会議室で行うようなスタイルを取りませんでした。あのような堅い雰囲気はお祭りにはふさわしくないし、できれば柔らかい雰囲気の中で楽しくやっていきたいと考えたため、あえてパブを選んだのであります。

会場ではスピーカーの数が不足していたため、後ろの方ではパネルディスカッションの模様が聞き取りにくかったと思います。これは主催者側として大変申し訳ないと思っております。第2、第3回のフォーラムの際には完璧を期したいと思っておりますので何卒よろしくお願い申しあげます。

<IMG SRC="http://www.amatias.com/image/bbs_image/worldcup-f.jpg" alt="ワールドカップフォーラムin浦和写真">

(文:忍者の弟子)

2002/01/11(金)
「私の2002年ワールドカップサッカー順位予想」
トップページをご覧になってもう既に気がつかれたと思いますが、<A HREF="http://www.amatias.com/soccer/soccer_team_list.asp">ワールドカップサッカーの順位を予想するページ</A>を作ってみました。どの国が優勝しそうか、2位、3位、4位、ベスト8はどこか、そしてそれはなぜか(理由がない場合もあるとは思いますが)など、好きなことを書き込みできるようになっています。

使い方は簡単で、好きな国を選んで、その国の予想順位を選択していただきます。さらに、皆様の<font color="red">熱い思い</font>を書き込んでみて下さい。

最高得点は5点で、ベスト8進出は1点ですが、この企画に限り、実は何度でも投票できてしまいます(*^-^*)。ワールドカップはあっという間にきてしまいます。短い期間ではありますが、大いに盛り上がりたいものです。
(文:忍者の弟子)

2002/01/10(木)
「ワールドカップフォーラム in 浦和」開催迫る!
昨日、毎日新聞、今朝は読売新聞にも掲載されていましたが、「盛り上げよう!2002年ワールドカップさいたま市民委員会」と浦和商工会議所で開催する<a href="http://www.amatias.com/info/world_cup_forum_20020111.htm">「ワールドカップフォーラム in 浦和」</A>がいよいよ明日に迫ってきました。公式発表が年末であったために、周知の時間が取れず、今のところ、定員に*少なからず*空きがあります。今回パネルディスカッション等で中心的な役割を努めていただく大野勢太郎さんには昨日からNACK5にても参加を呼びかけていただいておりますが、皆様、お時間が取れるようでしたら<B>会議所までお申し込みの上</B>、ぜひご参加下さい。

参加費が2,000円となっていることで二の足を踏まれている方もおられるようですが、これはビール・つまみ代だと思ってください。今回のフォーラムは堅い雰囲気で行うのではなく、なるべく和気藹々とした雰囲気の中で楽しくやりたいと思っています。会場の「銀座アメリカン浦和店」も広々としたパブです。きっと面白いフォーラムになると思いますよ。

なお、会場の「銀座アメリカン浦和店」ですが、ご存じない方が多いので、簡単に場所をご説明申しあげます。浦和駅西口にユザワヤさんがありますね。ユザワヤさんの奥の方に「浦和ヴェルデ東宝」があります。その向かいにコーヒーショップ「VELOCE」がありますね。「銀座アメリカン浦和店」はその2階になります。会議所の忍者軍団が会場で皆様をお待ちしております。
(文:忍者の弟子)

2002/01/09(水)
シンプル イズ ベスト とは言うけれど
さいたま市で制作している<a href="http://www.eeee.net/saitama/" target="blank">「さいたま市2002年サッカー支援ホームページ」</a>というものがあります(「マイタウン浦和」のワールドカップ関連リンク集にも入っています)。このページの一角にひっそり佇む地味なコーナーがあります。その名は<b>「2002サッカーゲーム」</b>。もしかしたらご存知の方もいらっしゃると思いますが、このゲーム、とても単純なくせに、猛烈に難しいんです。正確には「OH! NO! リフティング」といいまして、サッカーのボールをずっと落とさないようリフティングを続けてくれ、というものです。ぜひ皆様、一度トライしてみて下さい。単純なくせに難しいので、きっとはまってしまいますよ。それにしてもこのようなゲームを考えたのはどなたでしょう? 「シンプル イズ ベスト」とは言いますが、全く恐るべきものです。
(文:忍者の弟子)

2002/01/08(火)
例えば「そば祭り」?
一説によると浦和は日本一そば屋さんが多いそうです。確かに多いですね。浦和近辺を徘徊しておりますと、そば屋さんの看板がよく目につきます。至近距離でそば屋さんが営業している場所もありますね。もちろん、おいしいそば屋さんがたくさんあります。それならそれで、「そばのまち 浦和」をPRしてみたらどうか、と私は思わず空想してしまいます。

例えば、こんな企画はどうでしょうか?空想だけならこんなことも許されるでしょう。会場は、さいたまアリーナだったりします。

<b>第1部 一般参加の部</b>
そばうち名人を複数呼んできてそば打ち大会を開催。
腕に覚えがある素人おじさんや、若者、子供が名人に徹底的に鍛えられます。そば打ち名人は生徒に対し、とても口が悪かったりします。出来の悪い生徒はステージから転げ落ちるなど激しいステージになります(◎-◎)。

<b>第2部 職人の部</b>
浦和のそば屋さん全店が終結し、そば打ちコンテストが開催されます。鹿賀剛史さんの総合司会のもと、大々的なそば打ち大会となります。鉄人料理番組で知られる某テレビ局も協賛してくれるといいですねえ。
優勝店舗には「浦和そば打ちコンテスト優勝フラッグ」が授与されます。これならきっと翌日から商売繁盛は間違いないでしょう。

いかがですか。こんな空想をしてみると、それだけでも結構楽しいです。でも、こういうことをしていけば浦和のそばもアピールできますね。そばのまち浦和は全国に轟きます。同じようにいろいろな業界のイベントを作ってみたいものです。

 
「そば祭り」2002/01/08 10:11:26  
                     
                              http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Forest/5899/幸蔵

 
さいたまアリーナや鹿賀さんを司会には難しいでしょうが、
「そば祭り」は実現して欲しいッス(笑)。
浦和商工会議所さん主催で小さなイベントなんてどうでしょう?
 

元の文章を引用する

 
Re: 「そば祭り」2002/01/09 9:56:30  
                     忍者の弟子

 
鹿賀さんがだめなら「みのもんた」さんを想定していました。勝手に司会を決めて喜んでいます。「そば祭り」みたいな大規模な企画をやってみたいとことですが、まずはまちの一角でやってみる、という感じでしょうねえ。
 

元の文章を引用する

 
いもはいかが?2002/01/09 9:23:49  
                     婆〜薔薇

 
埼玉は「いも」と呼ばれて怒るより、喜んだほうがいいです、タモリが「ださいたま」と言ったらお役人様方が「だ埼玉」返上の会議を開いた?うっそー!冗談でしょう

首都圏にあって千葉、神奈川より東京の真っ正面に位置し、便利で物価も東京に比べて高くなく居住性が全国でビリから数えたほうが早い、というのはちょっと理解しかねます、人口構成もたいへん若い県、市だと思います、暮らしやすさがあり、若い人が移転してくるのでは?

いも料理コンテスト等も甘党に喜ばれるでしょう、私の焼くスウィートポテトは大変好評です、他の面倒なお菓子より簡単で喜ばれる、私のレシピで焼いてみたけれど違うという外国の方、材料のサツマイモが違うのだと思います、川越が本場ですって?でもいいんじゃない?
 

元の文章を引用する

 
Re: いもはいかが?2002/01/09 10:06:55  
                     忍者の弟子

 
をを!これはグッドなアイディアですね。さいたまは「イモ」と呼ばれて久しく、既にその評価は首都圏に完全に確立していると言えます。それなら、それを逆手にとって「大ださいたまいも大会」なんて言う企画も成立しそうですね! これなら他の地域はもはや追随もできないでしょう。
どうせやるなら徹底的に。さいたま市の道路脇などにイモをかたどったオブジェを配置。さいたまを訪問した人はイモの露出ぶりに驚きます。さらに、飲食店も積極的にイモ料理を出します。さいたまのイモを満喫していただきます。イモ料理といっても千差万別。和風・洋風のものが目白押しになります。「大ださいたまいも大会」では、毎年イモ料理コンテストが開かれるようにしましょう。
ついでにイモをモチーフにしたキャラクターも募集します。もしかしたら、アンパンマンを超える大ヒットになるかも。
 

元の文章を引用する

 
Re: うれしい!2002/01/09 14:16:55  
                     婆〜薔薇

 
お弟子様、うれしいリアクション、ハックショ〜ン!!!

ミス・芋姉ちゃんコンテスト、言葉が悪かったら、ミス・ポテトでもやりませんか?わ〜たしは美人よ〜!と自信満々な人しか出場できないミスコンばかりでは面白くないでしょう、項目にユーモアあふれる楽しい女性とか、私の芋度・・・・
首都圏にあって「ダサイ」とか「芋」というのは売りですよね

それからプロの老舗の芋県費とか芋せんべい・・・・、美味しい芋菓子もたくさんあります
芋祭り、川越市と共催でいかがでしょう?
 

元の文章を引用する
(文:忍者の弟子)

2002/01/07(月)
うらわのうなぎを育てる会
 みなさんは、浦和のうなぎを育てる会を知っていますか。浦和・大宮・与野の3市が合併する前の昨年11月「浦和の地名が消える前に」と「うなぎマップ」をつくりました。旧浦和市内の22店が会員となっています。

 その「浦和のうなぎを育てる会」が、昨年12月22日にさくら草通りで開催された「ワールドカップバザール IN URAWA」に出店しました。「浦和のうなぎを育てる会」というおおきなのぼりとうなぎを焼く実演。食欲をそそるうなぎの臭いに包まれていました。そして「うなぎ弁当」を販売しました。また、販売促進のために試食サービスも行いました。1個1,000円の「うなぎ弁当」は、またたく間に品切れ。これにはうなぎ屋さんも大忙し。買えなかった人の方が多かったのでは?

 浦和を代表するうなぎ。地域のイベントに参加して、積極的に地域の方と触れあって、浦和の味を代表してもらいたいです。

(文:忍者の元締め)

2002/01/04(金)
あけましておめでとうございます。
皆様、あけましておめでとうございます。昨年に引き続き、今年もよろしくお願い申しあげます。いよいよやってきた2002年です。楽しくやっていきたいものですね。

「マイタウン浦和」も今年いろいろな企画を用意しております。浦和の方々にとって本当に役に立つ楽しいサイトを目指して頑張ります。インターネットの世界だけではなく、現実の世界でもいろいろな企画を進めたいと思います。

まずは11日、「ワールドカップフォーラム in 浦和」が開催されます。楽しい会にしたいと思いますのでぜひご参加下さい。当日は私ども忍者チームが全員裏方として待機しております。忍者の元締め、忍者、忍者の弟子、赤影などです。「一体どんな人たちが運営しているんだろう?」と日頃から疑問に思っていらっしゃる方もぜひご参加下さい。詳しくは<A HREF="http://www.amatias.com/info/world_cup_forum_20020111.htm">こちら</A>です。
(文:忍者の弟子)

2001/12/28(金)
よいお年を
「忍者のつぶやき」も今年は今日で終わりです。平日ほぼ毎日更新してきました。「さて、明日は何を書こうかな?」などと思いつつ担当してきましたが、気がついてみると年末です。あっという間ですね。思い出してみると書き足りなかったことや、うまく表現できなかったことなどがたくさんあって、少々悔いが残ります。

「マイタウン浦和」は今年3月末日にオープンし、よちよち歩きながらも少しずつ成長してきました。前半は情報収集に全力を挙げ、その後徐々に広報活動を行ってきました。お陰様でアクセス数も向上してきました。皆様、ご支援まことにありがとうございました。

しかし、こうしたポータルサイトが成熟してくるにはまだまだ時間がかかりそうです。一説には3年から5年かかるとも言われてみます(◎-◎)。そこで問題になってくるのは、利用者がそこまで待てるか、ということです。多分、待ってはくれません。・・・というわけで来年は正念場です。より多くの皆様に利用していただけるサイトを目指して頑張っていきたいと思います。

なお、「忍者のつぶやき」は新年1月4日から再開いたします。皆様、よいお年を。
(文:忍者の弟子)