【マイタウンさいたま】ログイン 【マイタウンさいたま】店舗登録
■忍者のつぶやき■
サーフィン忍者  ここには「マイタウンさいたま」編集スタッフからのメッセージが掲載されます。「マイタウンさいたま」がこれからどのように変わるのか、 どのような試みが進展中なのか、どのような活動が行われているのか。また、「マイタウンさいたま」編集部ではどのような人がどのようなもののとらえ方をしているのか。 そんなことを書いていきます。
 このようなページがある理由は、私どもが「顔が見えるページ」を目指しているからです。私どもは、皆様のご意見、ご要望を取り入れながら、 「マイタウンさいたま」を成長させていきたいと思っています。

全3293件中  新しい記事から  2951〜 2960件
先頭へ / 前へ / 286... / 292 / 293 / 294 / 295 / 296 / 297 / 298 / 299 / 300 / ...306 / 次へ / 最終へ  

2002/07/16(火)
道を考える その2
浦和には味のある道がいくつかあると思います。昨日の書き込みで、す〜爺さんが裏門通りなどを挙げておられましたが、その裏門通りを始め、メインストリートからちょっとばかり裏に入ったところに、歩いて楽しい道があったりします。単純に歩いて楽しいという道は、とても気持ちがいいものです。常盤1丁目の常盤公園前から浦和仲町のロイヤルパインズホテルに向かう道などもいいかもしれません。

路面そのものも、アスファルトではなく、石畳になっていると全然違った印象になりますね。本格的な石畳の道路になりますと、結構歩きにくいものですが、あまり起伏の激しくない石畳でしたら、気持ちがいいものです。石畳は雨が降ったときなど情緒が感じられるところが私としては好きです。

ところが、歩いていてあまり楽しくない通りもあります。さいたまの道路は狭いところが多く、そこを自動車がビュンビュン通ります。歩道と車道の境目もないところですと、自動車と人間は同じところを通らなければなりません。そこに自転車が乗り込んでくるとなると、もう恐くてその道を通りたくなくなります。そんな経験はありませんか? 困ったことに、そうした通りこそがメインストリートであり、どこかに行こうとすると必ず通らなければいけなかったりします(T_T)。

道路はいったい誰の物なのでしょうか? 自動車だけが走るためのものなのでしょうか? 別に歩いて気持ちよい道でなければだめだという気は毛頭ありません。が、「そこは歩きたくないなあ」という道はやがて荒廃していくのではないか、と危惧されます。もしかしたら既に自動車だけが走る道、人間だけが通る道と分けられているのかもしれませんが、全く困ったものです。

 
Re: 道を考える その22002/07/16 19:40:13  
                     みかん

 
ロイヤル・パインズ・ホテルの前の小さな道をあるいていたら、道路に
「仲町平和通り」とかいてありました。考えてみたら、小さな通りの名前は
意外と知りませんよね。東口の駅前通りが「東通り」というの、最近
知りました。道路を敷石にするときは、是非、通りの名前もはめ込んでほしい
です。
 

元の文章を引用する

 
Re: 道を考える その22002/07/17 9:48:03  
                     忍者の弟子

 
ヨーロッパに行きますと、どのような通りにも名前がついているので感心しますね。道路のあちこちにも通りの名前が表示されています。ああいった風景はヨーロッパらしくていいですねえ。
ただ、たまにですが、ある太い道の右と左で違う名前の通りになっている場合があり、面食らいます。目的地になかなかたどり着けず悲嘆にくれた人を身近に知っています。

ところで、今時点でも浦和の各通りには名前がついているのでしょうか? そうでなければ名前を付けていってしまう、というのも面白いかもしれません。住民がまちをよりよく知る大きなチャンスになると思います。
 

元の文章を引用する
(文:忍者の弟子)

2002/07/15(月)
道を考える その1
毎日通る道。たまにしか通らないけど、どうしてもそこを通らなければならない道。歩いていて気持のよい道。狭くて車通りが多くてとても歩きたくない道。私どもが暮らす地域には様々な道があります。浦和は古い町なので、曲がりくねった道や細い道が多いようです。

私は浦和中心部では浦和の顔みたいなさくら草通り、ロイヤルパインズホテルまで向かう中山道などが気に入っているのですが、皆様にとって好きな道、嫌いな道はありますか?

 
Re: 道を考える その12002/07/15 17:36:20  
                     す〜爺

 
 浦和ーという地名には、自分が生まれ育ったところだけに一入の愛着があります。浦羽、浦曲、いろいろ書いたようですが、やはり「浦和」ですね。
 わたしが好きな道は、浦和駅東の日の出通りから一本南東から出て右にカーヴしながら競馬場の方に向かう前地通り、イトーヨーカドー前から別所沼に向かう裏門通り、などいろいろあります。でも、住宅街をちょっと入ったところには、まだまだ生け垣が続くいい道がいくつも残っています。むかし清水屋横丁と味のある名前で呼ばれた小道は、たぶんパインズホテルの横を通っていたような気がするのですが・・ご存じの方、教えていただけますか?
 

元の文章を引用する
(文:忍者の弟子)

2002/07/12(金)
浦和という地名
「マイタウン浦和」はなぜ「マイタウン<b>浦和</b>」なのか? それは浦和市がある時に浦和商工会議所が立ち上げた浦和のためのサイトだからです。が、昨年5月に浦和市、大宮市、与野市は合併し、さいたま市になっています。そのさいたま市は近々9のブロックにわけられるそうです。それぞれの区域の名称も公募されています。それに伴い、地名・施設名の変更等が大規模に行われそうですね。気になるのは、その結果、浦和という地名がいったいどの程度残るか、ということです。十分覚悟はしているのですが、かなり減ってしまいそうです。

さて、皆さんは浦和という地名に愛着がありますか? 私は好きこのんでこの地に住んでいるのでもちろん愛着があります。区域の名称がどうなるのか気になるところです。

 
Re: 浦和という地名2002/07/12 11:23:52  
                     とき

 
埼玉県、さいたま市、浦和・・・なんてかわるのいやですね。手紙書くとき、字数ばかり
ふえて。便利さからいえば、大宮、浦和、与野の地名は、残した方が、わかりやすい
ですよね。「馬宮に図書館できる」なんてニュースみても、馬宮がどこだか、ぜんぜん
わからない。わからないから、多分、大宮か、与野なのだ。と理解するのです。
 

元の文章を引用する

 
浦和も大宮も与野も2002/07/12 23:13:58  
                     みっちゃん

 
そういえば、駅名としてはあるけれど、地名としてはないんですよねー。
やっぱ地名は残してもらいたいですよね。んで、さいたま市なんだからー、埼玉県て書かなくていいんでしょ??
 

元の文章を引用する

 
Re: 浦和も大宮も与野も2002/07/13 20:50:07  
                     とき

 
はい。殆どのばあい、不要かとおもいます。そのうち埼玉の漢字も
書けなくなるかな。
 

元の文章を引用する
(文:忍者の弟子)

2002/07/11(木)
いったいいくらなの?
先日パソコンソフトを買おうと、開発・販売している会社のホームページにアクセスしたところ、「オープンプライス」との表記が。はて? 親切心からこう表記しているんでしょうか? 大体いくら程度なのかという情報がなければ、買えるのか買えないのかの判断ができません。仕方なくパソコンショップのホームページを検索してアクセス。何件か当たりましたが、パソコンショップそのものの紹介文はあっても、個別ソフトの価格まではなかなか載せてありません。

オープンプライスとは、市場価格を取り入れていることを意味します。多分、販社にしてみれば、「当社は消費者のことを重視していますよ」と言いたいのでしょうが、購買に関わる最大の判断基準である価格を隠してあるのと同じですよね。せめて市場価格の上限と下限くらいは表記してもらえないかなと思うのですが、いかがでしょうか?

 
パソコンソフトに限らないですよ2002/07/11 13:01:07  
                     みっちゃん

 
例えば某ドラッグの広告。スペシャル価格とかうたっていながら定価もついていなければ、そのスペシャル価格も掲載してない。いったいいくらなんだ??しかも、買いに行って「これいくらですか?」とたずねただけで、もうレジ打たれてたしーーーー。
お金足りなかったじゃんかーーーーーー。
 

元の文章を引用する
(文:忍者の弟子)

2002/07/10(水)
パソコン七転八倒
連載中の<a href="http://www.amatias.com/bbs/bbs_list.asp?current_page=1&amp;forum_id=11">「パソコン太助のさいたまパソコン日誌」</a>。今のシリーズは、どこかの偉そうな社長さんが悪戦苦闘しながらデジカメの使用方法をマスターしていくという内容です。作者のパソコン太助さんは坦々とした筆致で書いていくのですが、登場する社長さんがいかにもそれらしい感じを醸し出しているので笑ってしまいます。

この社長さん、実在するのかどうか分からないのですが(^^ゞ、失敗を繰り返しながらもデジカメ使用方法を完全にマスターしていきます。ちょっと前にはできなかったことを当たり前のようにできるようになります。何事もチャレンジしてみること、慣れることが大事で、できればきちんと教えてくれる人がいることが重要なのでしょう。

そういえば、私が初めてE-mailを友人からいただいた日のことを思い出します。あろうことか、私は返信の出し方が分からず、2週間程悩んでいたのであります(^^ゞ。当時使っていたソフトには、送り主のE-mailアドレスがどこにも表記されませんでした。そのため、私はどこのアドレスに返信すればよいのか?と悩んでしまったわけです。答えはいたって簡単で、「返信」アイコンをクリックするだけでできたのですが、そのようなことさえ初心者には難しいのでした。それまで見たことも触ったことのないソフトでしたからそうなってしまったんですね。その際は近くにいたパソコンに詳しい友人に教えてもらったのです。

もしかしたら皆様の中にもパソコン関連で悪戦苦闘している方はいらっしゃいませんか? 大丈夫です。パソコン太助さんが教えている社長のようにどんどんできることが増えてきますよ! 諦めないで頑張りましょう。

 
悪戦苦闘の日々2002/07/10 13:06:59  
                     みっちゃん

 
うちの社長自分では出来ないくせに、私が苦労して作った書類にいちゃもんつけてくる。
「文句があるなら・・・・・」のどから出かかる言葉を飲み込んで、やり直しの連続。
教えてくれる人がいないから本みながらやってるんだぞー!ちょっとは誉めてほしいな。
(うちの社長は商工会議所の方ならけっこうご存知な人なんです)
 

元の文章を引用する

 
なんと!2002/07/10 14:42:21  
                     忍者の弟子

 
!!! いったいどちらの事業所でしょうか? 興味津々です。今度こっそり教えてくださいね。
 

元の文章を引用する

 
それは2002/07/10 22:47:36  
                     みっちゃん

 
内緒です。なんてねーー!!
商工会議所の人が置いていった名刺にわらうーが付いてたので笑っちゃいました。
私がここで書き込みしてることが社長の耳に入ったらこわいので・・・・
 

元の文章を引用する
(文:忍者の弟子)

2002/07/09(火)
「やつ」って?
言葉の変化についてのニュースがマスコミを賑わせていますね。「見よ」を「見れ」ということなど、いくつかのサンプルが取り上げられています。「見れ」のように、今までと明らかに違う言葉になると違和感がありますので、議論の対象になりやすいようです。

ですが、今までもあった言葉が、若干使われ方が変わってきた場合は、その変化にすら注意を払われない場合があるようです。私が「ははあ・・・これは」と強く感じているのは「やつ」という言葉であります。ごく一般的な代名詞として使われるケースが激増していると感じられます。多分、これがあまり語感のよろしくない言葉だとは認識されなくなっているのかもしれません。

手許の岩波国語辞典(第三版)によれば、「やつ」とは、「人または物を、乱暴な態度で言う語」となっています。私も気がつけば時々この語を口から発しているようで、恥ずかしい限りなのですが、皆さんはいかがでしょうか? この「乱暴な態度」で使われる言葉を頻繁に口にしていませんか? もしそうなら辞書の解説もそのうちに改訂されるかもしれませんね。

 
確かに2002/07/09 13:05:55  
                     みっちゃん

 
そうですよねー。子供達の言葉遣いを聞いててもどこで覚えたの?って思うほど汚い言葉を当たり前のように使ってますね。それを聞いて直そうにもどういう言葉が正しい言葉なのか、自分でもわからなくなるぐらいいろんな言葉が氾濫してるんですねー。こわいですね。
 

元の文章を引用する
(文:忍者の弟子)

2002/07/08(月)
ホタル族コミュニティ
喫煙者の肩身がだんだん狭くなってきました。東京都千代田区では歩行禁煙エリアが設定されたとか。嫌煙の私としては、さいたま市でも同じような条例を出してくれないものかと鶴首しておりますが、喫煙者を羨ましく思うときがたまにあります。

喫煙者は最近肩身が狭く、各地の職場で狭い喫煙スペースに押し込められているようです。彼らは渋々喫煙スペースでたばこを吹かしていますが、周囲の予想に反して、結構楽しそうに見えます。皆様の職場ではいかがですか? 楽しそうに見えるのは、どうやらそこに喫煙者だけによるコミュニティができあがっているからでしょう。彼らには虐げられた喫煙者同士である?という仲間意識から、やや強い連帯感が生まれます。その結果、喫煙スペースにおける情報交換・意見交換は非常に速くなったりしています。何気なく集まってきた喫煙者が、たちまちのうちに職場の表・裏情報に通じてしまうのは、驚きであります。こうなると、ホタル族を侮って入られません。多分喫煙者が絶滅することはないでしょうね。

 
NYでは一箱800円でしたっけ?2002/07/09 0:34:32  
                     みっちゃん

 
「例え1000円になろうとも俺は吸うよ」と、旦那が言ってました。
ヘビースモーカーなんですよね。交通渋滞に巻き込まれた時にタバコがきれたら性格が変わってしまいそうなほどなんですよ。だから、禁煙しろとは言いません。恐くて・・・・。

だけど、やっぱり何事も過ぎちゃいけないですよね。
 

元の文章を引用する

 
Re: NYでは一箱800円でしたっけ?2002/07/09 10:34:07  
                     忍者の弟子

 
ごもっともです。嗜好品を完全に禁止するより、どこかに抜け道を作っておいた方が精神衛生上よさそうです。私だってビールを止めろといわれたら悶絶するかも。
 

元の文章を引用する
(文:忍者の弟子)

2002/07/05(金)
ワールドカップで得たもの その5
 ワールドカップを盛り上げようと展開した事業は数々ありました。マイタウン浦和では出場国の順位予想を行い、グルメマップも作成しました。「ワールドカップセミナー」や「ワールドカップバザール」や「ワールドカップフォーラム」の開催。その度ごと、イベントに協力してくれた方々との出会いがありました。

 今回紹介した「ダンス・パレード盛り上げ隊」や「埼玉サッカーサポーターズ」そして「浦和のうなぎを育てる会」。また、市や県の職員、商店会のみなさん、民間のボランティア活動を展開するみなさん等々。多くの出会いを与えてくれたワールドカップでした。

 その出会いも、単なる名刺を交換する程度ではなく、イベントの中で作業分担をお願いしたり、無理なお願いをしたこともありました(詳しくは言えませんが)。イベント終了後には、「無事終えた」という達成感を共感することができ、「同じ釜の飯を食った仲間達」という感じです。

 応援していたドイツは準優勝でしたが、このような新しい仲間達との出会いを与えてくれたワールドカップ。ワールドカップで得たものはこの仲間達です。ワールドカップで得たものが一番多く、「得」をしたのは、この私ではなかったでしょうか?


 
新しい出会いが2002/07/05 22:42:40  
                     みっちゃん

 
生んだ友情やらなんやらが末永く続くことを願っております。
 

元の文章を引用する
(文:忍者の元締め)

2002/07/04(木)
ワールドカップで得たもの その4
 浦和のうなぎを育てる会は、昨年12月から開催されたワールドカップバザールや本年5月に開催された「うなぎまつり」、浦和美園駅前のイベント等々で、「うなぎ弁当1個1000円」で販売しました。うなぎ弁当は、毎回品切れの人気商品となりました。

 この会は、浦和地域にある鰻を扱うお店21店が加盟しています。平成5年の8月に設立し、浦和のうなぎのお店を紹介した「うなぎマップ」を作成しました。その後、会としての活動を模索していました。そんな中、「ワールドカップ開催」を契機に、積極的に「浦和のうなぎ」をアピールしようと手頃な値段の「うなぎ弁当」を販売することになりました。

 浦和地域のうなぎは、江戸時代、浦和近郊は沼地が多く、川魚が多く生息する水郷地帯で、川釣りなどを楽しむ行楽客で賑わっていました。その行楽客の人々に沼地でとれたうなぎを出したのがはじまりといわれています。味の良いことから、中山道を行き来する人たちがわざわざ足を運んだそうです。

 今回、浦和のうなぎを育てる会は、うなぎ弁当を販売することで、加盟店との結びつきが強くなり、また、一般の方々に「浦和のうなぎ」をアピールできたことと思います。地域が世界を利用(?)して大きく育つ。「ワールドカップならでは」ではないでしょうか?
(文:忍者の元締め)

2002/07/03(水)
ワールドカップで得たもの その3
 皆さんは、「埼玉サッカーサポーターズ」という団体を覚えていますか?ワールドカップを盛り上げようと民間のボランティアが結成した団体です。旧名「さいたまワールドカップ応援団」。JAWOCの指導で、団体の名称を変更した団体です。

 この「埼玉サッカーサポーターズ」がワールドカップを盛り上げようと展開したイベントは多種多様に渡りました。フットサルの大会運営、イベント会場でのフェイスペインティング、鶴を折り埼玉スタジアム来場者へ配布、見沼を紹介したパンフレットの製作・配布。写真展の開催等々。

 「埼玉サッカーサポーターズ」は、このイベントを展開するにあたり、県や市そして地域の団体などと積極的にタイアップして運営してきました。その結果、多くの「地域とのつながり」ができたことと思います。

 多種多様な能力を持ち、目的を成し遂げようとする情熱を持った「埼玉サッカーサポーターズ」。ワールドカップ終了後も、ワールドカップを盛り上げようと展開したイベントを通じて得た「地域とのつながり」を活かして、今後も活動を続けて欲しいものです。


 
その勢いでぜひ2002/07/05 22:40:17  
                     みっちゃん

 
さびしくなったスタジアムを盛り上げてもらいたいですね。
これから先どうなっちゃうんだろうって感じなものですから・・・・・
 

元の文章を引用する
(文:忍者の元締め)