【マイタウンさいたま】ログイン 【マイタウンさいたま】店舗登録
■亀山哲郎の写真よもやま話■
亀山哲郎氏 プロカメラマン亀山哲郎氏が、豊富な経験から、カメラ・写真にまつわる様々な場面におけるワンポイントアドバイスを分かり易くお伝えします!
■著者プロフィール■
1948年生まれ。大手出版社の編集者を経て、1985年よりフリーランス・カメラマンとしてコマーシャル写真に従事。雑誌、広告の仕事で世界35ヶ国をロケ。
現在、プロアマの混成写真集団フォト・トルトゥーガを主宰。毎年グループ展を催し、後進の指導にあたる。
2003年4月〜2010年3月まで、さいたま商工会議所会報誌の表紙写真を担当。 これまでに、写真集・エッセイ集などを出版する他、2002年〜2008年には『NHKロシア語講座』に写真とエッセイを72回にわたり連載するなど、多方面で活躍中。

【著者より】
もし、文中でご不明の事柄などありましたら、右記アドレス宛にご質問ください。 → kameyamaphoto2@mac.com

全372件中  新しい記事から  331〜 340件
先頭へ / 前へ / 24... / 30 / 31 / 32 / 33 / 34 / 35 / 36 / 37 / 38 / 次へ / 最終へ  

2011/03/11(金)
第42回:街中でスナップを撮る(3)
 前回「被写界深度」というものについてお話ししました。テーマの“街中でスナップを撮る”ということとは直接の結びつきはないように思えるかも知れませんが、実は多少なりともあるのです。このテーマに限らず、どの分野の写真にでも常に「被写界深度」という問題につきまとわれます。無視できない事柄ですので、画像添付をしておきますのでご参照のほど。
 f 2 〜 f16まで順に並べてあります。

 ※参照画像 → http://www.amatias.com/bbs/30/42.html

 ピントは中央赤丸に合わせてあります。添付画像は原寸ではなくWeb用にリサイズしてありますのでちょっと分かりにくいかも知れませんが、絞りを絞るほど、つまりf の数字を大きくしていくほどピントの合う範囲は広がっていきます。一番奥にある画用紙の表紙模様がはっきり見えてくると思います。
 f 2 ではぼやけて見え、f 5.6で大体のあらましが伺え、f 16で模様がはっきり見えてきます。この現象をあなたの作画に利用するのです。
 この画像はフルサイズカメラを三脚に据え、標準の50mm(35 mm換算)レンズを付けて約45℃の角度から撮っています。それほど厳格なテストとは言えませんが、絞りによるピントの範囲の違いが分かればと思います。
 また、絞りを1絞り増やす毎にシャッター速度が等倍に増えていくことにも注目してください。

 主被写体の前後をぼかして、被写体を浮き上がらせたい場合にはf値を小さくすればよいし、手前から奥までシャープなピント(これを“パンフォーカス”と言います)が欲しければf値を大きくすればよいことになります。そして、被写体との距離が近いほど(ピントを合わす位置が近いほど)この効果は大きくなることも覚えておいてください。つまりボケの効果が大きくなるということです。マクロレンズ(接写レンズ)やクローズアップフィルタを付けて花などを撮る場合には、どの絞り値を使うかがとても重要なポイントになってきます。

 ただこの現象は、例えば携帯電話やコンパクトデジカメのような面積の少ない受光素子を使用しているカメラの場合には、あまりその効果(ボケ効果)が認められません。まったくないということではありませんが、その効果が得られにくいと言うことです。つまり受光素子(フォーマット)が大きければ大きいほどボケの効果は大きくなるのです。最低でもAPS-Cサイズの受光素子を持つ一眼レフタイプのカメラで、利用価値が得られる事柄でもあります。

 f値による被写界深度を知っておけば“街中の人物スナップ”に大いに役立ちます。おおよその位置に(目測に従いマニュアルフォーカスで合わす)ピントを合わせておき、その人物が画角の最適な位置に来た時に、慌てず騒がず、何気なく呼吸でもするようにシャッターを押す。これがぼくの“街中の人物スナップ”の撮影方法です。呼吸をするような自然な動作が大切ですね。前号でもお話ししましたが、ぼくは“ノーファインダー”による撮影はしませんから、スッとカメラを持ち上げて一瞬だけファインダーを覗き、覗いた瞬間にはシャッターを切っているという具合ですから、ほとんど気づかれることがないのです。ファインダーを覗きちょっとでも迷っていたらもうダメ。ギロッと睨まれますよ。
 自分の使っているレンズ(もっぱら単レンズ使用です。“街中の人物スナップ”にズームレンズは使いません)の画角はすでに把握していますから、ファインダーを覗いた瞬間にはシャッターを切っているということになります。
 人物スナップの達人たちに話を聞いたり、または本で読んだりしても、ズームレンズを人物スナップに使用する人はぼくの知る限りいないようです。

 このようなぼくの撮り方がみなさんのお役に立てるかどうかは自信がありませんが、技術的なことで言えばこの方法がぼくにとっては最適だと感じています。そしてもうひとつ、とても大切なことは“度胸”です。もしかしたら、前述した技術より“街中の人物スナップ”においては“度胸”が優先するかも知れません。度胸のなさは必ず写真に表れます。腰の引けた写真となるのですぐに分かってしまうのです。そのくらい写真とは正直なもの。        
 時々、度胸のつけ方を訊ねられることがありますが、う〜ん、傍若無人さではなくあくまで紳士的なという意味での度胸というのなら、場数を踏むことと技術の裏付けなんですかねぇ。

 人間の持つ本能に“好奇心”というものがありますが、この好奇心を抑える、もしくは制御するものは恐怖心だけです。見ず知らずの人にレンズを向けるという行為は、ぼくだっていくばくかの恐怖心があります。その恐怖心を払拭し、克服させてくれるものは好奇心と写真を撮りたいという熱意、言い換えれば欲望だけなのでしょう。一世一代の傑作をものに出来るかも知れないという、切々たる願いと希望があるからだと思います。
(文:亀山 哲郎)

2011/03/04(金)
第41回:街中でスナップを撮る(2)
 写真はどのような分野でも基本は同じだと、ぼくはちょっとくどいくらい申し上げてきました。もちろん、それぞれの分野に於いてそれぞれの異なったノウハウが当然あるのですが、“街中の人物スナップ”は他の分野とは少し異なるものがあるように感じています。                     
 それは自分が逃亡者のような心境になり、常に周りの気配を感じ取り、状況の変化に、より敏感に反応し動かなければならないということです。この“敏感さ”という意味は、身体の動きより“察知能力”と“カメラの取り扱い”に尽きます。

 別に悪いことをしているわけでなくとも、取り敢えず自分が疑似犯罪者になり、疑似逃亡者を演じるくらいの気概?を持って、大通りを闊歩し、また路地裏に身を潜めながら、獲物を渉猟する、と言っても大げさではないくらいです。アンテナを四方八方に張り巡らせ、情報を収集し、身の周りで何が起きているかを察知し、来るべき人(または人々)の動作を予測し待ち構えるということです。「このような動作で、こちらに歩いてきて!」という願掛けと霊波を送らなければならないのです。自分の予測・想像通り相手が動いてくれれば、それをありがたく頂戴するということになります。
                              
 ある情景に出会い、「ああ、いいな」と思ってからシャッターを切ってもまず間に合わない、というのがぼくの考えなのです。あるいはそのようなフォトジェニックな情景を見て、慌ててカメラを構えれば、たいてい相手に悟られてしまいます。つまり、手遅れとなってしまいます。悟られればカメラ目線になりがちですが、そうあって欲しくない場合には、やはりそれでは不都合ですね。獲物を捕り逃したということになります。
         
 カメラ目線というのはそれぞれの状況に合わせて、あっていい場合もありますし、ない方がふさわしいと感じる時もありますが、それは写真の目的や撮影者のイメージに沿って決定されるものでもありますから、一概にどちらでなければならないということではありません。カメラを睨む鋭い視線が欲しいという時も場合によってはあるでしょうから。

 ただ、前号で述べたように、相手がカメラを意識するとどうしても表情がこわばったり、動作もどこかぎこちなくなり、自然で柔らかな姿を失いがちです。人物描写が希薄になる場合があります。相手の目力は増すようですが・・・。子供などにピースサインを送られちゃったりしたら泣くに泣けない、でしょ?
                    
 撮影対象とする人のありのままの表情や姿を写し取るにはカメラの存在を察知されない方が思い通りのスナップが得られることが多いようです。「写真家は掏摸のようなものだ」と、ある大家が言っていますが、「う〜ん、確かにそうかも知れないな〜」とぼくも思います。街中の人物スナップはどうしても「盗み撮り」的な要素を、結果として免れない面がありますから、常々「写真は正々堂々と撮れ」と言っているぼくは、そのちょっとした矛盾に呻吟することもありますが、しかし、まず撮らなければ何も始まらないわけですから、その弁明として「最低限のマナーは決して忘れてはいけない」と言い聞かせているわけです。

 “敏感に反応する”ためには、まずカメラの使いこなしに長けていなければなりません。暗所でも、あるいは目をつむっていても自由自在に扱えることができなければ、来るべき瞬間に間に合いません。カメラ操作にもたもたしているうちに被写体が(予測した被写体の配置や構図など)スルリと逃げてしまいます。あらかじめ予想した主被写体の位置にフォーカスを合わせておき(オートフォーカスほどもどかしいものはありませんから、マニュアルで)、絞り値(f値)を決め、ある程度の被写界深度を確保しておけばいいのです。そのためには、あなたの使用するレンズのf値による被写界深度を把握しておく必要があります。技術的な事柄ではまずこれが第一段階です。言葉にするとちょっと難しく感じるかも知れませんが、この感覚の習得はそれほどの修行?は要らないのです。少しだけ真面目に取り組めば、「案外、私にもできるようになりました〜」って、嬉しそうにおっしゃる方がたくさんおられます。

 「被写界深度」とは、ピントの合う範囲のことです。厳密にはピントの合っている箇所はひとつなのですが、許容範囲というものがあり、f値を絞れば(数字を多くすれば)その範囲がどんどん広がっていきます。被写体の前後の範囲でピントの合う幅が広がるのです。ただカメラのメカニズム(つまり光学)は、絞れば絞るほど受光素子に当たる光が減少しますから、シャッタースピードが遅くなり、カメラぶれ、被写体ぶれを起こすことにもなります。このシーソーのような現象をも同時に考慮しなければなりません。
 ここらあたりから、ちょっと複雑になって参りますが、な〜に、ぼくだってできるのですから大丈夫。次回はそのコツと考え方をお伝えしましょう。
(文:亀山 哲郎)

2011/02/25(金)
第40回:街中でスナップ写真を撮る(1)
 かつて某紙で月一度連載をしていた時に読者から次のような質問が多く寄せられました。その部分をそのままここに転載して、すこし解説を加えたいと思います。

 「Q:(かめやまの)スナップ写真には目線のないものが多いが、ポーズを取らせるのか?」

 「A:それは一切ありません。相手がカメラを意識すると、往々にして人物描写が希薄になるおそれがあります。その人の生き様や息づかいが定着されず逃げてしまいます。そのような理由から、気づかれないうちに撮るのが私の基本です。撮影後、相手が気づいた場合、マナーを守ることは自明の理です。笑顔と感謝・敬意を示すこと。これ以外にありません。」

というお答えをいたしました。

 また、他所でこのようなことも書いたことがあります。
 「初めて見た修道士に向けて、ぼくは反射的にシャッターを切った。たった1カットである。その時は写真屋の使命感からなどではなく、ただ物珍しさからだった。
 それを目ざとく見つけた修道士にこっぴどく叱られた苦い経験がある。ぼくには申し訳のないことをしたという気持ちがない分、その叱責は不可解さと不条理さという後味の悪さを残した。ぼくはいやがる人を撮ったり、追い回して撮る類のカメラマンではないが、撮影を拒否する正当な理由が知りたかった。
 “ただいやだ”というのも正当な理由だと受け止めている。そのような感情に説明を求めたりするほど、ぼくは不遜ではないと思っている。肖像権も認めよう。しかし、頭ごなしに高圧的な態度に出られると、誰だって反抗心を持ち、敵愾心さえ抱くものだ。・・・それ以来、修道士と出会うこともなかったが、・・・久方ぶりに再会を果たすこととなったのである。」

 ぼくはいわゆる“隠し撮り”だとか“ノーファインダー”(相手に悟られぬようファインダーを覗かずに、見当でシャッターを切ること)をひどく忌み嫌うタイプの写真屋なのです。「写真は正々堂々と撮れ」と言って憚りません。ですから、「これ、ノーファインダー”で撮ったんですよ」と自慢気に言う人には不快な態度を露骨に表すこともあります。撮影に際して最も大切な要素である想像力や洞察力をないがしろにして良い写真が撮れるわけがないからです。それをよしとするその心情やその姿勢をぼくは嫌悪するのです。

 昨今、個人情報というものが盛んに言われるようになり、写真愛好家はちょっとした窮屈さを余儀なくされています。肖像権にしても嫌煙権にしても、この国は異常なほど神経質で、また不必要なくらいの潔癖症、そのようなことに病的なほどの状態に陥っています。その神経過敏さによって、国自体が病弱をきたし、精神を冒されているようにも思えます。自分で自分の首を絞めているのだとの意識が希薄なのかも知れません。“嫌う権利”ばかりを主張し、“守るべき義務”にはまるで無頓着、という人のなんと多いことか。まぁ、それを悪用するようなマナーの低下も拍車をかけているのでしょうけれど。
 自分のありかたに対して、他人に迷惑をかけてもよいなどと言っているのではありません。そこは短絡的に捉えないでください。お互いの思いやりがあってこその寛容さだとぼくは言いたいのです。

 写真の分野には様々なものがあり、風景写真の好きな方もおられようし、花だったり、山岳風景だったり、いろいろですね。報道写真やコマーシャル写真はプロの分野ですからここでは触れませんが、ぼくが最も写真の醍醐味を感じる分野は“街中のスナップ”や“人物スナップ”です。今、新宿のコニカミノルタプラザで催しているぼくの個展の70%は街中の人物スナップです。

※個展の内容はこちら
 → http://www.konicaminolta.jp/plaza/schedule/2011february/gallery_c_110222.html

 日本でも外国でも、見ず知らずの人にレンズを向けシャッターを切って、そこでもめ事を起こしたことは一度足りともありません。修道士以外は。今までその数たるや何千枚、いや万を超しているかも知れません。
 他人にレンズを向けるという行為は、やはり勇気のいるものですが、しかしその勇気を克服しない限りスナップ写真というものは成り立ちません。

 次回からはぼくの行ってきた人物スナップの撮り方をお話ししてみたいと思います。ただ、ぼくの作法がみなさんのお役に立つかどうか、また応用が利くかどうかは自信がありませんが、何かのご参考になればと思います。
(文:亀山 哲郎)

2011/02/18(金)
第39回:ラーメンと写真
 かつて都内にある某ラーメン屋が気に入って何度か通ったことがあります。そのためにだけ出かけていくという程ぼくは通人ではありませんが、近くを通った際には、けっこう胸を躍らせながらそのラーメンを愉しんだものです。大変人気のあるラーメン屋だったのですが、さまざまな事情で店じまいを余儀なくされ、そのお弟子さんたちが、のれん分けというのでしょうか、免許皆伝というのでしょうか、同店名を名乗ってあちらこちらに出店したようです。

 今日行ったロケ先のすぐ近くに、のれん分けされたその店を偶然見つけ、ちょうど昼飯時でもあったので空腹を満たそうと勇んで飛び込みました。出されたラーメンを一口すすると、なるほど、かつて愛でたラーメンとは「似て非なるもの」にがっかりさせられました。
 さいたま市にものれん分けされたと思しき同店名のお店があるのですが、やはり「似て非なるもの」で失望したものです。

 ぼくは料理に関してはまったくの素人ですから、何年も厨房にいて学んでいたはずのお弟子さんたちが、なぜ親方と同じものが作れないのだろうと訝しく思ったとしても無理のないところです。素人考えとはそういうものです。「なぜだろう? 不思議だなぁ」って。

 この現象を写真に置き換えて考えてみると、逆に、同じものが作れる道理がないではないかという思いに突き当たるのです。同じ場所で、同じ時間に、同じカメラ、同じレンズを使ってAさんとBさんが撮る。二人が仕上げたプリントが同じものであることは決してないという真実に突き当たるのです。

 今日食べたラーメンに話を戻しますが、ラーメンに浮かんでいる鳴門、チャーシュー、メンマ、のりなども親方仕込みのものとはどこかが違う。わずかに違うのです。もちろんスープも麺もしかり。「違う」というよりは、なにか「思い」が足りないと感じるのです。ほんのちょっとした「手の入れよう」に、親方のようなセンスと気配りが欠けているのでしょう。そのわずかな違いの積み重ねが、結果として「似て非なるもの」を生み出しているのだと思います。  
 弟子というものは親方と同じことをしていては、親方を超えることは決して出来ないわけですから、そのことを知ってか知らずか、お弟子さんたちは親方から離れ自分自身のオリジナリティだとかアイデンティティをなんとかして捻り出そうと工夫を凝らしているに違いないのですが、これがなかなかうまくいかないわけです。うまくいかないことをぼくはうまく説明することはできませんが、ただ大きな分岐点のようなものがあるとすれば、それはラーメンを作ってお金儲けをしたいのか、美味しいラーメンを作りたいのかというところにあるのだと思います。
 もの作り屋が、お金儲けを目論んだとたんに作品のクオリティが落ちてしまう、というのがぼくの持論でもあり、主義主張なのです。金儲けともの作りはまったく対極的な精神作用だからです。

 親方のもとに学び、親方を超えるくらいのセンスと技術を身につけてから、独立しお店を持てば、このラーメン屋はぼくに失望感を与えることはなかっただろうと勝手なことを考えてしまうのです。

 よくテレビなどのお店取材がありますけれど、決まって「ここからはテレビカメラはだめ」なんてね、よくあるでしょ、そういうの。秘伝なのだとか。
 人にレシピや材料などを公開して、その通り他人が作れてしまうようなものは秘伝でもなんでもない、ってぼくはよくテレビに向かってそう叫びます。他人に自分の手の内を余すことなく公開し、披瀝して、それでも「あなたのようなものはとても作れません」と言わしめるのが、本物の職人であり料理人であるはず。そこには長年培ってきた包丁さばきだとか計量できないような塩の一振りだとか、到底数え切れないほどのノウハウが潜んでいるものです。素人がどう逆立ちしても敵うものではないのです。レシピを公開したって同じものなんか絶対に作れないよ、というのが職人の職人たる所以であり、また矜恃でもあるのです。ですから、そのような職人や料理人ほど公明正大であり、どこか風格のようなものを漂わせていたり、また品位を感じさせたりするものです。
 出し惜しみをしているうちはまだまだ小者なのです。そのようなものを感心しながらありがたがって見る価値などどこにもありません。

 翻って写真もまったく同様なのではないでしょうか。かつて欧米のファインプリント作家やそのオーソリティが自分の現像処方などを公開していて、彼らの本には、事細かくその使用方法が述べられていました。ぼくも若い頃さかんにその処方箋に従い、わくわくしながら挑戦したものです。だからと言って、彼らと同様のトーンを印画紙上に再現できるわけではありません。それ以降、いろいろなことを、身をもって知るにつれ(ぼくの得たものなどまったく大したものではないのですが。卑下して言っているわけではありません)、プロとして得たものは惜しみなく写真の好きな人たちにお伝えしていこうと思っています。小者ですが。
(文:亀山 哲郎)

2011/02/14(月)
第38回:頼りない映像の記憶
 前号で登場願ったガイド君が果たしてKGB (ソ連国家保安委員会。現在KGBはなくFSB=ロシア連邦連邦保安局となっている ) のエージェントであったのかどうかはわかりませんが、当時この地を撮影旅行すると不可解で面白いことにずいぶんお目にかかれたものです。

 「ここを撮りたい」、「いやダメです」の押し問答を繰り返すうちに、ぼくの監視役と思われるガイド君、もしくはガイド嬢が「かめやまさん、私ちょっとそこで買い物をしてきますから」とか「化粧を直してきます」とか言いながらその場から素早く立ち去るのです。それはつまり、「私がいない間に撮りなさい」と言うことで、用事から戻った彼らはぼくに軽く目配せをし「うまくやったか?」という合図を送ることもしばしばでした。この国は法律より個人の心情が優先する面白い国なのです。法律違反でも現場の者がいいと言えばいいのです。また、その逆の場合も当然あります。
 ぼくのような雑魚に、本格的な?KGB要員がへばりつくことはないでしょうが、しかし体制の異なる国の職業カメラマンを放置しておくようなことはなかったようです。彼らの名誉のために申し添えておかなければなりませんが、この国での延べ400日間における撮影で、彼らに不快な目に遭わされたことは一度たりともありませんでした。
 冷戦時代の西側のKGBに対するイメージは決して良いものではありませんでしたし、今だって良いイメージはありませんが、ソビエト国民にとっては粛清時代の恐怖の対象でもあり、またスパイから国を守るエリート集団であったことも確かです。KGBに比べ、さらに悪辣でお間抜けな組織がCIAでしょう。

 “映像の記憶”という話からとんでもないところへ脱線してしまいましたが、人間のこの記憶ほど当てにならぬものはありません。曖昧で、いい加減で、ずさんなものなのです。                          
 H. カルチエ・ブレッソンの「サン=ラザール駅裏」という有名な写真があります。この写真を久しぶりに見る機会があり、ぼくは愕然としたものです。かつて穴の空くほど鑑賞していた写真です。その写真をぼくはてっきり横写真だとばかり、なんの疑いもなく信じていたのです。実際には縦写真であったことが、自分の、ひいては人間の視覚的な記憶の頼りなさをまさに露呈せしめたのです。これはちょっとしたショックでした。
 自分の頭の中で、既知のものを都合の良いように仕立て上げてしまったのです。人間にはこのような能力が備わっているようです。暗示だとか、思い込みや先入観が、実際の姿を勝手に変形させたり、歪ませたり、変容させたりしているのです。それに気がつかず、信じ込み、場合によってはそれを他人にも強いることがあるという現象におののいています。
 
自分の写真にさえそのような錯覚を抱くことがままあります。久しぶりに取り出した写真を見て、首をかしげながら「あれ〜、そうだったっけ?」という具合にです。いかに、思い入れというものがやっかいなものであるかということです。頭の中のイメージが事実に先行してしまうのです。             
 静止画あるいは絵画でさえそうなのですから、動画はさらに曖昧模糊とした記憶となるはずであろうと思います。また、犯罪の目撃情報なるものがいかにあやふやで頼りにならぬものなのか、推して知るべしというところです。

 ぼくは今、個展の準備のために、古くは二十数年前の写真を引っ張り出して、現在のイメージに合致したプリントを仕上げようと四苦八苦しています。新しいものでも6年以上経っていますから、撮影時に抱いたイメージもほころびかけています。撮影時のイメージが必ずしも二十数年を経た今、当時のものと一致するとは限りません。新しい発見もあり、中には撮影当時ボツにして顧みなかったものが、今見ると「いいじゃない!」という嬉しくもあり、生き返ることもありますから、撮ったものはすぐには捨てずに保存しておくのも、後に三文の得があるようです。

 上記しました個展の情報を、この場をお借りして読者諸兄にお知らせしておきます。ご興味のある方はぜひご来場ください。

 場所:コニカミノルタプラザ ギャラリーC 新宿区新宿3-2-11 新宿高野ビル4F
 日時:2月22日(火)〜3月3日(木)10:30~19:00 (最終日15時まで)
 テーマ:「ポエヂヤーーロシア詩情1987-2004」亀山哲郎写真展。カラー、モノクロ53点

 詳しくは以下をご覧ください:
 http://www.konicaminolta.jp/plaza/schedule/2011february/gallery_c_110222.html
(文:亀山 哲郎)

2011/02/04(金)
第37回:KGB理論
 一週間という周期はなにかとても書きにくいものだと感じています。この周期はぼくにとって、前回書いたものを完全に忘却の彼方へと追いやるに十分な時間のようです。5日目くらいまでは憶えているのですが、6日目、7日目となるともういけない。この2日間がどうやら鬼門のようで、ぼくの頭脳は混濁をきたし、ここできれいさっぱり、なにがなんだか憶えていないということになるようです。
 今まで月刊誌は何度となく経験をしてきたのですが、月刊ですと不思議なことに一月経ってもそう簡単には忘れないものなのですね。文章の量が多いということと紙媒体ということもあってか、部分的には忘れることがあっても、「前回、一体何書いたっけ?」ということはまずありませんでした。すらすらと続きが書けるのですが、週刊というのは書けそうで書けないものだという発見をしています。
 前回書いたことをもう一度読み直し「へぇ〜、そんなこと書いたんだ」ってことを毎回繰り返しています。これは無責任なのではなく、健忘症という一種の病みたいなものですから仕方がありません。

 ここ3回ばかりちょっとお堅い内容だったので、今回は趣旨を変え少しくだけたことをお話しようと思います。先ほど「紙媒体」と書きましたが、ぼくのような年齢の人間にとっては紙媒体の方がどうやら記憶に残るようです。かつて編集者として長年従事していたことも手伝い、したがって写真に関しても印画紙での表現に強いこだわりを持っているのだと思います。画像のモニター上でのそれと印画紙でのそれを比較した場合、どちらが人々の記憶に残るのだろうという結論は未解明のままですが、好き嫌いで言えばどうしても印画紙に軍配を上げざるを得ません。

 かつて旧ソビエト時代、ぼくは仕事で何度もこの地を訪れました。当時はまだ全体主義国家でしたから、撮影も制限が多く、それだけに職業カメラマンにとっては仕事のしにくい国でした。あれを撮ってはだめ、これを撮ってもだめという時代でした。その時のお話です。

 バイカル湖近くのブリヤート共和国を訪れた時のことです。首都はウラン・ウデといい大草原の広がるただ中にある街です。ここは当時外国人の立ち入りが禁じられていた所謂「閉鎖都市」でした。ソビエト連邦というのは、規則でがんじがらめの国ではなく、けっこう融通の利くところがありました。ここらがどこかの国のお役人とは大きく異なるところです。ぼくの知る限り、ロシア人というのは最もおおらかな気質を持った国民ではないかと思っています。そのおおらかさを頼りに、「閉鎖都市」と銘打っていても、ぼくは常に個人旅行者ですから、交渉次第では入れてくれたりもして、「閉鎖都市」をいくつも訪れることができたのです。

 ウラン・ウデに到着するとすぐに頼みもしないガイド役がぼくにへばりつきました。このようなことはそれ以前に何度か経験していたので、ぼくも気に止めることなく仕事に励んでいたのですが、ある時郊外にあるチベット仏教の本山に行こうということになりました。右も左もわからぬ外国人にとって、当然ガイドがいなければ行くことができません。社寺に行く途中車の窓から、大草原の風景を撮ろうとするとガイド君が慌てふためき、「だめです、撮らないでください!」と大声を上げるのです。遠くの方になにやら小さな鉄塔が見えました。聞くところによると、その鉄塔が画面の中に入ってしまうので撮ってはいけないのだと。軍の重要な通信施設らしいのです。撮影を阻まれて残念というほどの景観ではなかったために、ぼくは「あっ、そう」と簡単に引き下がったのですが、そのガイド君の口上が面白い。
 彼は遠来の客にその理由をきちっと説明しておかないと申し訳ないとでも思ったのでしょう。また、自己弁明をもついでに果たしておきたかったのでしょう。
    
 「ムービーであれば撮ってもかまわないのですが(と、一応の譲歩と弁明を示しつつ)、静止画(つまり写真)はだめです(と、断固たる態度をも示しておきたかったに違いない)」と言うのです。ぼくは「なぜ?」と問い返したのです。彼はちょっと得意げな表情を見せながら、まるで心理学者のようにこう解説を始めたのです。
 「ムービーの画像というものはすぐに人の記憶から遠ざってしまうものなのです。だからですね、ムービーであれば多少のことはかまいません。それに引き替え静止画はいつまでも人の記憶に止まり、忘れがたいものとなるのです。人の頭にいつまでも残像として住み着くのです。おまけに静止画はムービーよりはるかに解像度が高いということもあり、それも非常にマズイことなのです。専門家が見ればそれが何か、すぐに分かってしまいますから」と、いっぱしの心理学者および人間工学者を演じて見せたのです。

 彼は上司(おそらくKGBの)からそのような心理分析の結果を教え込まれていたに違いないのです。
(文:亀山 哲郎)

2011/01/28(金)
第36回:プリントの楽しみ
 前回、パソコンについて触れましたので、今回はパソコンと切っても切れない縁であるプリントについてお話しましょう。今までお話ししてきたことと重複する部分もあるかと思いますが、大切なことは何度お話ししてもよいと思っています。人間とは忘れる動物ですから、何かを身につけたり、習得するには老若男女に関わらず、繰り返しこそが最も有効な手段であるとも思っています。

 今、あるメーカーさんからの依頼でぼくは自分のオリジナルプリントを700枚近くプリントする作業をしています。一口に700枚と言っても、その作業は大変骨の折れるものです。すべてが極厚手の印画紙なので、プリンタには一枚ずつ手差し作業をしなければならず、かなりの重労働です。ましてや売り物ですので、手袋をしてプリント状態を一枚一枚細かく点検しなければなりません。このように大量に、一気にプリントをするのは初めてのことなので、何か今までに気のつかなかった教訓を得られるのではないかとも思っています。

 同じ状態のプリントを何枚も仕上げることができるというのはデジタルの最たる利点でもあります。フィルムですと、暗室にこもり同じプリントを2枚仕上げるということは不可能なことなのです。暗室作業の基本的である焼き込みや覆い焼きといった手順をすべて手作業で行いますから、各々に微妙な差異が生じ、同じものを2枚と作れないのです。それが“値打ち”と言えば言えるのかも知れませんが、いわゆる製品ムラは避けがたく、歩留まりの悪いことは明白です。
 デジタルでは注意深く行えば製品の均一化が可能となります。“注意深く行えば”です。部屋の温度、湿度を一定に保ち、プリンタの慣らし運転を行い、インクの残量および目詰まりなどのメンテナンスやプリント後の乾燥などにも細かく気を配れば、ほぼ同一のプリントが何枚も作れるということです。

 デジタル写真は、“自宅で簡単にプリントができる” という大きな楽しみ方があります。プリンタには様々なタイプがありますが、インクジェット式が最も普及しており、一般的でもあります。最近のインクジェット・プリンタは “写真画質” という言葉が使われているように、従来の銀塩プリントと較べて遜色のない品質を得ることができるようになりました。家庭で使うのならA4(21×29.7cm)サイズを中心にA3(A4の2倍の大きさ)くらいまでのものが一般的で、しかも種類が多く、また使い勝手もいいと思います。印画紙もたくさんの種類が各社から用意されていますから、好みや写真に合わせて使い分けるのも楽しみのひとつでしょう。

 写真を見るのはモニターだけでなく、やはりプリントをして鑑賞するのが本筋でもあり、また醍醐味でもあり、最終的な目標だと言えます。自分のイメージを印画紙に定着させるという作業は、写真を撮る行為と同じくらい大切なことだとぼくは考えています。美しいプリントを得るためには、美しい写真を撮ることが前提ですが、プリンタを使いこなさなければなりません。こなせばこなすほど、撮影の技術もそれに比例して向上していくものです。苦労する分、メリットも大きいというわけです。苦労といってもこれは楽しい苦労ですから、それを存分に享受してください。

 長年、写真というものに従事してきてつくづく感じさせられることは、フィルムであれデジタルであれ、プリントをおろそかにしたり、神経を配らない人は写真の質もその程度に止まるのだということです。プリントの上達とともに撮影の技術も比例して高まっていくものです。良いプリントを心がけると自ずといろいろな発見ができ、ひいてはそれがあなたの写真に直接寄与することになるのです。
 技術の高い写真と良い写真とは意味合いが異なってきますが、良い写真に磨きをかけるという意味でプリント技術は欠かせないものだとぼくは思っています。ただ、高いプリント技術や撮影技術を有する人が、すなわち良い写真を撮れるのかというとそうでないのも事実。ここらあたりがちょっと難しいところです。

 撮影もプリントも、大切なことは“あなたの思い描くイメージ”にかかっています。被写体を見て「自分はこんな風に撮りたい」という強い思いがないと写真を撮るという行為が成り立たないのではないでしょうか。イメージが貧困であれば、どんなにプリント技術を駆使しても、誤魔化しようがなく、作品の質が上がるわけではありません。

 写真を始めたばかりの人に、「そうは言っても・・・」ということもありましょうから、まずプリントの楽しみを満喫していただければと思います。それを楽しんでいるうちに、いろいろなことが分かってくるのだと思います。

(文:亀山 哲郎)

2011/01/21(金)
第35回:パソコンは必要?
 デジタル写真にはパソコンが必要なのでしょうか?

 ”デジタル写真を扱うからには、パソコンは絶対に必要なものだ” とは一概に言えません。ダイレクトプリンターと呼ばれる家庭用のインクジェット・プリンタを使えば、パソコンなしでもメモリーカードをプリンタに差し込むだけで、写真を楽しむことができます。多くの製品が手頃な価格で入手できますから、どうしてもパソコンは苦手だという方には、とても便利なものです。それも厄介だという向きは、メモリーカードを持って写真屋さんに駆け込めばいいのです。その場ですぐにプリントしてもらえます。
 と、ここまでは写真を単なる記録として楽しむ方々へのお答えです。もう一歩進んで、「この被写体をこのように表現したい」とか「自分の描いたイメージを思い通りプリントしたい」と考えている方々、趣味としてデジタル写真を楽しみたいという人たちには、やはりパソコンは必須のアイテムと考えていいでしょう。

 写真をデジタルから始めた方は、写真画像の明るさや色調、コントラストなど、パソコンを利用して調整できるのはデジタル特有の事象とお考えかも知れませんが、フィルム時代から好事家たちはこの作業を黙々とこなしていたのです。現像やプリントを他に委ねることを由とせず(既製品では飽きたらず)、暗室に潜り込み、人によっては家族の顰蹙を買いながらも、自分のイメージを追求したものです。
 デジタル時代となり、専門家でなくともこの作業は飛躍的に容易となり、また身近にもなり、フィルム時代より高い精度で自身のイメージを追求でき、成し遂げられるようにもなりました。つまり、良いことずくめなのです。

 パソコンがあればどんなことができるのでしょう?

 パソコンを操作することで、データ保存の他に、たくさんの事が可能になります。その中でも最も大きな楽しみは、いつでも手軽にモニターに映して鑑賞ができることでしょう。写真を自由に拡大して見ることができるということは、やはり大きな喜びや驚きであるとともに、細部にわたって鑑賞、反省?できるわけですから、次回の撮影に際してのヒントも得られやすいと思います。ただ大手を振っての好ましいことばかりではなく、ここには頭の痛い問題も生じてきます。
 話が横道に逸れてしまいますが、大切なことですので敢えてお話しておきます。様々の方と接して知り得たことのなかで、「モニターで見たものとプリントとのあまりの違い」にお悩みの方が非常に多いということなのです。いつもその質問にぶつかると言っても過言ではありません。
 モニターは光の三原色(RGB。赤、緑、青)で成り立ち、プリントは色の三原色(CMY+K。シアン、マゼンタ、イエロー + ブラック)で色再現を行いますから、この2つが物理的に同一に表現されることはありません。しかし科学的な約束事をしっかり踏まえれば、ほぼ同一に表現できるのです。デジタルは科学であり、フィルムは化学なのです。この科学的な約束事をみなさんは無視して、「色が合わない。明るさやコントラストが合わない」とお嘆きなのです。
 また、同じプリントが光源によって変わって見えるというやっかいな現象を演色性(メタメリズム。厳密には等色条件と翻訳)と言いますが、これにも悩まされます。この現象はプリントに限らず、あらゆるものに見られます。生ものをタングステン光下で見たものと蛍光灯下で見たものとでは、同じものとは思えないほど色が異なって見える、あの現象です。
 このような悩み事から解放されるには、別項目を設けなくてはならず、今日ここでは触れないことにいたしますが、どうしても今すぐ、という方は個別にご質問をいただければと思います。

 デジタルは画像ソフトなどを利用して、自分の好みに色調補整をしたり、加工や修正、合成もすることができますから(写真の加工、合成にぼくは消極的な意見です)、明るく清潔な暗室を得たのと同じくらい価値のあるものです。また、年賀状や挨拶状なども、自分のオリジナルが作れますし、ホームページやメールにも簡単に写真が添付でき友人や知人に公開できるのも、パソコンがあればこそということになります。

 ぼくは職業上、パソコンはMacintoshを使用しており、時折知人宅でWindowsを触るくらいですので、難しい?Windowsに関してはほとんど知識がありません。おそらく読者の大半の方がWindowsをご使用のことと思いますが、パソコンは厳密な印刷結果(美術出版や写真集など)を望むのでない限り、Macintoshである必要はないと思います。必要なことはMacであれWinであれ、身近に教えてくれる人がいるということではないでしょうか。
(文:亀山 哲郎)

2011/01/14(金)
第34回:データの保存
 撮った画像はどのようなものに保存すればいいの?

 メモリーカードに記録された情報は、消したり記録したりを繰り返すことができますが、大切な写真はどこかに保存しておかなくてはなりません。この作業を ”バックアップを取る” と言います。失ったデータを取り戻すのは、状況にもよりますが、まず不可能に近かったり、余計な出費を強いられることになりますから、バックアップはしっかり取っておきたいものです。失ったデータは二度と手元には戻ってこないというくらいの思いでちょうどいいでのではないでしょうか。

 一般的な方法は、いったんデータをパソコンに取り込んで、それをCDやDVD、あるいは外付けハードディスクといった記録メディアに移すことです。デジタル情報をCDやDVDに記録するためには、パソコン内蔵のレコーダーを使用するか、もしくは別個のレコーダーが必要になります。今は高倍速のものが手頃な価格で入手できますから、揃えておくとよいでしょう。パソコンに保存しただけではだめなのかという声を聞きますが、パソコンのハードディスクの寿命は2年から3年と言われていますし、いつ壊れるかわからないというのがパソコンの宿命みたいなものですから、やはりここは安心料としてぜひ購入されることをお勧めします。記録メディアの中ではCDが一般的で安価です。容量が640MB-700MBありますから、256MBのメモリーカードなら2枚以上は記録できることになります。

 では、CDやDVDに保存しておけば絶対に大丈夫なのかというとそれも大いに疑問符のつくところです。どのくらいの期間保存できるのかは、CDやDVDの置かれている条件もそれぞれですから、一概に何年とは言えないのが現状です。永久不滅という物はこの世にはありませんから。温度、湿度、直射日光、扱い方などで耐用年数も大きく異なってくるはずです。

 ぼくは自分でも呆れるくらいガサツかつ酔狂な人間なのですが、データの保存だけは人一倍の神経を使うようです。“ようです”とは、他人様が果たしてどのようにしているのかをうかがい知ることはなかなか困難ですから、ただ自分でそう思い込んでいるだけなのかも知れません。
 CDやDVDにバックアップしたデータは、5年に1度焼き直すということを励行しています。焼き込んだ日を忘れずに記録しておくことも大切です。ぼくはCDやDVDだけでは飽きたらず、大容量の外付けハードディスクにも二重の保険をかけるようにしています。ですが、ガサツに加え多少のボケも混じり始めていますから、何がどこに保存されているのかが時々分からなくなっちゃうのです。かなり膨大な量ですから、検索をかけまくってどこに潜んでいるかを突き止めなければなりません。この作業に手間取るとストレスが倍加し、ぼくのように人一倍白髪化が進みます。
 保存というのはそこまできちんとして、「人一倍の神経を使う」と言えるのでしょうね。やっぱりぼくはガサツで酔狂なだけのようです。

 あっ、肝心なことを忘れていました。
 メモリーカードからどうやってパソコンに移すかの作法についてです。カメラの取り扱い説明書などに、カメラとパソコンをつないだ図がありますが、ぼくはこの方法を用いたことが一度もないのです。なんで? と聞かれると答えに窮するのですが、「なんとなく気味が悪いから」という極めて非科学的で無責任な答えとなってしまいます。「気味が悪い」というのは感覚的な問題でもあるのですが、ぼくは自分の感覚をこよなく愛し、信じ、またそのような勘に頼ることにしているのです。そうやって無事?60年以上もやり過ごしてきたのです。「無事これ駄馬」と言うのもアリです。

 カメラとパソコンを直接つなぐのではなく、カメラからカードを取り出し、カードリーダーに差し込みパソコンに移すという作法が一種の儀式のようにも思えて好きなのかも知れません。手を洗い、静電気を落として、という慎重さを要する作業ですから、一手間も二手間も余計なのですが、なぜかこの方が安心感が得られるのです。重量級のデータを一気に何百枚もパソコンに移すのですから、もしかして(まるで他人事のような口調)こちらの方がスピードがありパソコンへの取り込みが速いとでも感じているのかも知れませんが、これも感覚的なことで確かなことは分かりません。どなたか教えてください!

 もう何千回もこの作業を繰り返してきて、ここでミスを犯した(データを飛ばしてしまった)ということはまだ一度もありませんから、ぼくはこの方法を何の根拠もなく、だれかれかまわずにお勧めしています。
 それより重要なことは、メモリーカードの安物買いは禁じ手と考えた方がずっと賢明です。「安物買いのデータ失い」となってしまうからです。信頼性のあるメモリーカードを買うようにしましょう。苦労して撮った写真を失うのは、惜敗どころではなく、痛恨の至りですから。

(文:亀山 哲郎)

2011/01/07(金)
第33回:デジタルカメラ購入のポイント
 第2回で「どんなカメラがいいですか?」というテーマについて少し抽象的なお話をしましたが、今回はデジタルカメラに特化して、具体的な面から探ってみたいと思います。

 まず購入のポイントは、使用目的をしっかり見定めることです。
 どのカメラがあなたに適しているかは、それぞれ個性や好みがありますし、使用目的も異なりますから、正直なところ的確な答えを導き出すことは誰にもできませんが、カメラの基本性能を理解しておけば、選択のよいヒントとなります。思いつくままに(これがいけない)述べてみましょう。

 カメラを選択する上で最もその指標となるべき数値に画素数というものがあります。コマーシャルやカタログなどで謳い上げている「何万画素」という数値です。昨今はメーカー同士の、あるいは同価格帯機種の「画素数争い」も以前と比べやや沈静化の兆しが窺えますが、カメラを購入する際のひとつの目安であることに変わりはありません。
 画素数とは、光を受け取る撮像素子が何万個並んでいるかという数値です。大雑把に言えばフィルムの粒子のようなものだと考えてください。デジタル写真をパソコンなどで拡大していくと写真がいくつもの四角い点で構成されていることがわかるでしょう。
 点(撮像素子)が多ければ多いほど、光の情報をたくさん、そしてまた細かく得ることができるというわけです。つまり画像情報の密度が高いということになり、きめの細かい、滑らかな写真画質を得ることができます。これを解像度という言葉に置き換えてもいいでしょう。デジタル時代になりこの「解像度」という言葉が「解像感」という曖昧な言葉に置き換えられることもあるようですが、いずれにせよ画素数は写真の画質に直接結びつく最も大きな要素であると言えます。

 CCD (Charge Coupled Device の略。撮像素子)イメージセンサーのサイズの小さいものと大きいものとでは、同じ画素数でも、写真の画質は変わってきます。もちろん大きい方が有利で、写真の表現能力に優れています。これは、光を受け取る素子が大きいほど、微細な光に反応できるからです。
 同じ画素数であれば、例えばコンパクトデジカメなどに多用される1/1.8インチ(CCDの対角線の長さ)より、一眼レフに多く使われているAPS-C サイズ(厳密な規格ではなく、メーカーにより多少の差異があるが、縦横の寸法が23.4mm x 16.7mm前後)の方が有利なわけです。フィルムでも、35mmフィルムよりブローニーフィルムの方が、微細で滑らかな表現が可能なのと理屈は同じです。

 画素数の多いことの長所と短所

 画素数が多いということは、それだけ細密な描写が可能となり、グラデーションも豊かなものになります。画素数が少なくなると、反対に情報量が少なくなり、写真画質という点では不利になります。
 また、画素数が多いことイコール情報量が多いということにつながりますから、一枚のメモリーカードで撮れる写真の枚数も減ることにもなります。容量が大きくなりますから、パソコンで表示するのに時間がかかったりすることにもなります。写真データの容量が多くなればなるほど、パソコンにも負担がかかり、それを処理するパワーが必要となってきます。
 大は小を兼ねるというのは事実ですが、そのためにより多くの出費をさせられるのも確かなことです。

 使用目的に応じて画素数を選ぶ

 実際の使用に際して、パソコンの負担を除いても、画素数が多ければ多いほど、すべてにおいて万々歳かというと決してそうではありません。例えば、写真をパソコンのモニターやテレビでしか見ないという人。あるいは、葉書くらいの大きさにプリントをして楽しむのがほとんどだという人であれば200万画素以上の画素数はあまり現実的ではありません。A4くらいの大きさでプリントを楽しみたいという方は、一般的なインクジェットプリンタでプリントする場合、目安として最低限300万画素あれば、それほど不満のないプリントが得られると思います。もちろん、400万、500万画素の方がより細密な描写が可能ですが、カメラの選択にあたっては、むやみに画素数の多いものを選ぶのではなく、どのくらいの大きさにまでプリントしたいかを選択の指標にするのも、合理的な考えだと言えます。一般的なインクジェットプリンタの解像度を200dpiとして換算してみると、プリントサイズの目安として130万画素―約16x12cm, 200万画素―約20x15cm, 300万画素―約26x19cm,400万画素―約28x21cm, 500万画素―約32x24cmとなります。

 カメラ選び

 生まれて初めてのカメラが300万画素のコンパクトデジカメで、一年後には一眼レフを購入した人や、初めから一眼レフを選択した人たちを実際に見ていますから、初心者向け、中級者向け、上級者向けというのはあってないようなもので、ぼくはそれにあまりこだわる必要はないという考えを持っています。
 デザインが気に入ったとか、山歩きに持って行きたいからとか、芸術写真を目指し大きくプリントしたいなど、それこそ目的は百人百様です。そのカメラの何が気に入ったかが、選ぶ根拠としては最も正当性があるような気がします。
 メーカーはしのぎを削って製品を世に問うているのですから、これからデジカメを始めようとする人たちにとって、同価格帯の中でそれほど目くじらを立てるような性能の差はないと考えていいでしょう。

 私見ですが、カメラ選びはあなたの腕前に依拠するではなく、初心者、上級者に関わりなく、懐の許す範囲で最高のものを手にするのが上達の早道だとぼくは信じて疑いません。
(文:亀山 哲郎)